本トのこと。

ここは個人のブログだよ

とにかく家事コストを下げながら、それとなく丁寧な暮らしっぽいことをする

丁寧な暮らしに淡い憧れがあるのですが、生来ズボラな人間なので丁寧な暮らしを行う根性がなく、また子が生まれてからは余計にそんな余裕はない。

子が生まれることが分かってから実際に生まれたこの一年くらいの間、丁寧な暮らしっぽいことをしたい気持ちと、とにかく家事コストを下げたい気持ちを入り混じらせながら色々やってきたので、まとめようと思います。

 

そうじ 

とにかくこすらない

お風呂やトイレの便器など、こすらず洗剤をかけるだけで洗えるものにした。

トイレはドメスト的なやつを便器にまわしかけて2〜3分おくだけで黒カビなんかもめちゃくちゃ綺麗になる。まったくこする必要がない。

 

ドメスト 500ml

ドメスト 500ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

お風呂はバスタブをシャワーで流したあと、バスマジックリンの泡をかけて数分置き、泡をよく洗い流して終わり。

泡だけで完全に綺麗になってるのかは不明だけど「完全に綺麗」より「とにかく家事コストを下げる」の方が重要なので普段は泡掃除をして、定期的にや汚れが気になる時にだけでこすり洗いをする。

バスマジックリンはすぐなくなるので、本体に業務用を詰め替えて使ってます。

 

バスマジックリン 泡立ちスプレー 本体 380ml

バスマジックリン 泡立ちスプレー 本体 380ml

  • 発売日: 2015/08/26
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

布類を置かない

トイレにも脱衣所にも洗濯物になる布カバーの類は置かない。バスマットは珪藻土。 

 

 

ほうき、のち、ブラーバ

「掃除の基本は拭き掃除」ってママンが言っていた。

うちには元々ルンバがいるのだけど、赤ちゃんがいるとルンバのお仕事は少々騒々しくて、赤子が寝ているタイミングだととてもじゃないけどかけられない。

なので、うちでは大きなゴミをほうきでサッと掃いたあと、ブラーバで拭き掃除をしている。白木屋傳兵衛の不精長柄箒、とてもよい。

 

 

ほうきで掃いて、あとはブラーバをひたすら働かせる。一日3回くらい働かせてると思う。 はいはいと離乳食が始まっているので、落としたごはん、汚れた手でのはいはい、無限に垂れるよだれ......とにかく床が汚れる。

 

机の上とかちょっとしたところもサッと拭けるよう、別途ボトル&ノンアルコールタイプのウェットティッシュがあるとよい。

スコッティ ウェットティシュー 純水タイプ 本体 150枚

スコッティ ウェットティシュー 純水タイプ 本体 150枚

  • 発売日: 2016/08/16
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

 

捨てられるミニゴミ箱

トイレのサニタリーボックスとしてや、洗面台で出るコットンなどのチリ入れとして、紙袋を設置している。

ゴミの出やすい場所に置いておいて、増えてきたらそのまま捨てられるので、とてもラク

ゴミ箱を置いて中のゴミを替えたり、ゴミ箱自体を掃除したりする手間がない。 

 

ヘイコー 角底 紙袋 No.3 シロ 12x7x22cm 100枚
 

 

料理

かつおぶしにお湯をぶっかけて出汁をとる

育休中に料理を担当していた夫が定期購入していた業務用かつおぶし*1がたくさんある。出汁とる習慣なかったけど簡単に出汁が取れることが分かったので取っている。

 

ヤマキ 業務用花かつお 500g A

ヤマキ 業務用花かつお 500g A

  • メディア: 食品&飲料
 

 

かつおぶしにお湯をぶっかけるだけなので手間はさほどない。

漉すときは野田琺瑯の持ち手付きストッカーに入れて、すぐ使わない場合は冷蔵保存している。

離乳食にも使えるし、ホットクックで味噌汁作るときに大量の野菜と一緒にぶっ込むだけで、風味と旨味の利いたお味噌汁ができる。

 

かつおぶしのだしがらは、おかかに。タンパク質豊富なので、作り置きしておくと便利。

cookpad.com

 

定番レシピを用意する

料理を作るうえで面倒なのが、意外と「料理を作る」よりも「メニューを考える」だったりする。

メニュー選びのコストを下げるため、「かんたんに作れて」「栄養があり」「使い回しがきく食材」のレシピを作っておくと、定番の食材を買っておくだけで何通りかの料理がシュッとできるようになる。

 

 

自作レシピ集も便利だけど、最近はだいぶはてなブックマークで「レシピ」タグをつけて集めたレシピ集が役に立っている。実際に作ったやつは「おいしかった」とか雑にコメントで感想をマーキングしている。

あと出産を機にレシピ本をいくつか買った。中でもよかったものをちょっと紹介。

 

賢い冷蔵庫: ラクするためのおいしい下ごしらえ

賢い冷蔵庫: ラクするためのおいしい下ごしらえ

  • 作者:瀬尾 幸子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2019/09/05
  • メディア: 単行本
 

 食材を買ってきたけど、作る前にダメにしてしまうこと多々。

買ってきた食材をこういう風に切って保存しておくと何日持つよ、こういうごはん作れるよ(レシピ)、が掲載されていて便利。

 

 不足しがちな野菜がサイドではなくメインとして取れる献立が揃っている。タレのレシピなどもあり重宝しています。 

 

買い物 

まとめ買い

物をまとめ買いすると、在庫管理コストがかかるので、なんでもかんでもストックはしない。やりがちなのが調味料とか缶詰とかなんだけど、収めてしまうと何がどれだけあるのか分からなくなる。

なので「腐らず」「コンスタントに使うもの」でその品のために「置く場所を確保できる」ものをまとめ買いする。

 

産休中にまとめ買いしたトイレットペーパーはとてもよかった。 

 

「なくなればAmazonで買えばいいや」の精神でこれまでやってきたんだけど、Amazonに頼ると今度は段ボール処理コストがかかる問題があるので、トイレットペーパーみたいな大きいものはまとめて買う。

シャンプーや食器洗剤、洗濯洗剤なんかも基本的に詰め替えをストックしておくが、これは無闇矢鱈には買わず、2ターン分くらいの分量にしておく。

 

ネットスーパー

これまでOisixらでぃっしゅぼーやとネットスーパーを渡り歩いて、イオンネットスーパーに落ち着いた。

理由はかんたんで、イオンで買うのと同じ(あるいは同じ程度)の値段で買い物ができるから。Oisixらでぃっしゅぼーやもいいんだけど、こちらはどちらかというと「良いものを相応の値段」で買う感じで、普段使いするには我が家にはちょっと背伸びな感じ。

イオンネットスーパーは自宅から近くのイオンから配送される仕組みらしく、お住いの場所によって配送料設定も変わってくる。

うちはいくら頼んでも1回300円かかるエリアなのだけど、地域によっては6000円以上配送無料とかもある。家族多いところだとすぐに超える金額と思うので、そういうご家庭だとほとんど配送無料でイオンで買い物できるイメージ。

f:id:meymao:20200122151923j:plain

この量を子を担いで買いに行くのは修行的辛さがあるので助かる

shop.aeon.com

 

配送も早くて(これはエリアによるのかは不明だけど)夜注文したら翌日の昼便から配達時間の選択が可能なので、購入食材の利用イメージが湧きやすく、計画が立てやすい。

 

 家電パワー

あらためて見ると、我が家には「ごはん作る系」の家電が複数台ある。

メインの炊飯器、卓上で使える小さい炊飯器(これは夫の職場の人からいただいた)、ホットクック、ホームベーカリー。加えて、ブラウンのハンドブレンダー、食洗機、などなど。

 

子の離乳食が始まっているので、自分たちの食事だけでなく離乳食も作る必要がある。

メインとなるおかゆを炊くのが面倒だったんだけど、いただいてから出番が少なかった卓上用の小さい炊飯器をおかゆ専用にしたら、めちゃくちゃ捗って助かっている。

 

 

離乳食関連だと、あとはブレンダー。

ハンドブレンダーがあるだけでだいぶ違う。

 

この2台がないとコンスタントに手作り離乳食やっていくのだいぶ厳しかったので助かっています。

 

家のなかを見ると、掃除や料理はそこそこできているんだけど、片付けが苦手すぎて万年散らかっている......。

それとなく丁寧な暮らしをするための、いい片付け方法とかあれば教えてほしいです。

*1:食べるものが直接母乳に影響するので、出汁を取ったり調味料にこだわったりしてくれていた

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.