本トのこと。

ここは個人のブログだよ

彼女がモテる理由

仲のいい友人に、とてもモテる人がいる。「モテる」というと異性から人気があるように見えるかもしれないが、単に色恋というだけでなく、男女問わず友だちが多い。
会うと彼女はよく周りの友人との出来事を話すのだけれど、その話を聞いていても、彼女がモテる理由がとてもよく分かる。
もちろんそれ以外にも、彼女と一緒にいると、快適に過ごせるような仕掛けとも呼べるあれこれがあるんだけど、私から見た彼女のモテる理由を先日人と話す機会があったので、折角だから書き出そうと思う。 

誰にでも話しかける

例えば会社のパーティーとか、近所のバーとか、そういったところで初対面の人とすぐ仲良くなってしまう。
他人に声をかけることにハードルの高さを感じる人が多いなかで、気さくに声をかけ会話ができるということは、それだけで人と仲良くなる機会が多いということだ。
 

連絡がマメ

彼女と私は20年来の友人なのだけど、いまでも1〜2ヶ月に一度はこれといった用事がなくても、他愛もないLINEを送ってくる。
私は基本的に用事がないと連絡しないタイプなので、ついつい用事がないと連絡不精になりがちだけど、連絡しなければいけない用事を待っていたら我々の人生はすぐに終わってしまう。
「連絡を絶やさない」ということと、「どうでもいい連絡をしてくる」という、いい意味での気安さは、意外と誰にでもできることではない。
 

ちょっとしたプレゼント

久しぶりに会うような時に、彼女はよく「ちょっとしたプレゼント」をくれる。金額も内容も大したものではない。雑貨屋でみかけたメモ帳だったり、おいしい塩だったり、健康グッズだったり。
「この前、お店でたまたま見つけたんだけど、ミネコが好きそうだなと思って〜」と言いながら、会った時に彼女はそのちょっとしたプレゼントをくれる。
そんなプレゼントを受け取るとき、単純に物をもらえるのがうれしいのではない。「会っていない時に私はあなたのことを考えていたよ」という記号がうれしいのだ。
 

世話焼き

彼女は飲食店勤務が長いからか、一緒に食事をしにいく時には大体「ここ行ってみたかったんだけど、行っていい?」と、いい感じのお店を探してくれる。
そしてお店に入れば、冬だとコートを脱いだらすぐに手を(それよこしな!と)伸ばして掛けてくれる、グラスに水をそそいでくれる、サラダを取り分けてくれる、フレンチの謎メニューの解説をしてくれる、などなど。
こういうのを安易に「女子力」と言ってしまう人もいるけれど、彼女のそれは女子力というよりレディファーストの国から来たジェントルマン、という風であって、食に疎くぼーっとしている私のような人間は、一切を任せて安心しておいしいものが食べられる。
 
これらは別に彼女が特別気を遣ってやっているというものではなく、彼女自身の性分なのかもしれないし、あるいは彼女なりに人と付き合ううえで、お互い心地よく過ごすために身につけたものなのかもしれない。
 
私自身は彼女とはまったくタイプの異なる人間なので、他人に気軽に話しかけたり、マメに連絡したりは性分に合わないし真似できるものでもないのだけど、人と付き合ううえでなるべく気持ちのいい人間でいたいとは思う。
私が彼女を見て「彼女がモテる理由はこれだな」と思うところがあるように、もしかしたら私にも誰かから見たら「ミネコにはこういうところがある」といった話があるいはあるかもしれない。
 
あまり頻繁に人付き合いをする要素がないので、こういうタイプの友人が一人いてくれるだけで、人付き合いが希薄な自分のような人間にとってはありがたい存在だよなぁと、やはり私からモテている彼女がいるわけです。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.