新譜を検索するという体験

ファッション雑誌を見るのが好きで、中学時代には月に何冊も買っては、気に入ったスタイルを切り取ってスクラップしていた。

ファッション雑誌には洋服だけでなく、コスメ、恋愛系コラム、芸能人インタビューなど色々なコーナーがあるわけだけど、雑誌の後ろらへんには、最新の映画や本や音楽を紹介するカルチャー特集がある。

雑誌に掲載されたテキストの情報なので、映画や本であればあらすじを、音楽であれば CD のジャケットやアーティスト紹介文などを参考に「へ〜、どんな内容なのかな〜」とぼんやり想像したり、あるいはより気になれば実際に映画館へ行ったり、本屋やCD ショップに見に行くような程度のことであった。

最近はファッション雑誌を買って読む機会もほとんどなくなったのだけど、先日夫の入院の差し入れで思い立ってメンズ・ファッジを買ったので、雑誌のメインコンテンツに目を通した後、このカルチャーのコーナーを眺めた。

 

 

音楽コーナーは当たり前だけど、どれもここ最近リリースされた新譜で、知ってるアーティストもいれば、知らないアーティストもいる。

新譜ジャケットに添えられた説明文を読むと、なるほど聴いてみたいと思い、スマートフォンで音楽ストリーミングサービス*1を立ち上げて、雑誌に載っているアーティスト名を検索する。するとアーティストはヒットして、最新アルバムが聴ける状態で画面に表示される。私はタイトルをタップして、再生する......。

とここで、この一連の流れに、唐突にびっくりしてしまった。 

 

まず第一に、雑誌に掲載されていた新譜を、情報としてごく自然に自分が普段使っている音楽ストリーミングサービスで検索したこと。

そしてそれら新譜は当然のように検索でヒットして、アルバム曲全部がフルですぐに聴ける状態*2であったこと。

最後に、雑誌というアナログな世界で、10年20年前と同じ感覚で情報に接していたのに、そこから派生する自分の行動が雑誌をよく読んでいた頃の事情と比較して明らかに、あまりに、未来的(あるいは現代的)だったから。

 

これまでもきっと、気になる楽曲があったら YouTube なんかで検索することはできたしやっただろうけど、それは大体に一曲単位で、時には(恐らく)非権利者によるアップロードであったり、仮に公式なアルバム情報であってもダイジェスト版のような切られた情報で、こんなにスムーズに新譜がアルバム単位の形でアクセスできるものでなかった。

 

サービス単体を切り取って、ぼーっとその恩恵を受け取っているとあまり実感することがないけど、過去の自分であったら取っていただろう行動が変わったのだという体験にふいに触れると、これはなんてすごいことなのだろうと、今更ながら感動してしまったわけです。

 

 

f:id:meymao:20180517171408j:image

  

men's FUDGE -メンズ ファッジ- 2018年6月号 Vol.103
 

 

*1:周りの人たちは Apple Music を使っている人が多いようだ。私は AWA を使っている。

*2:しかも月額定額。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.