日本で唯一の広告ミュージアム「アドミュージアム東京」で広告の世界に触れてきた

TVCMや電車内広告など、身の回りで聞くにわりと嫌われているっぽい広告ですが、私はCMやポスター、広告を見るのが好きです。

ただ広告ならなんでも好きっていうんじゃ勿論なくて、やはり良い広告がいいわけで、街中で見かけた刺さったポスターを写真に収めたり、YouTubeで好きなCMをよく見たりします。*1

少し前に趣味でCM動画を作っていたこともあり、ずっと気になっていた日本で唯一の広告ミュージアムである「アドミュージアム東京」へ行ってきました。

 

www.admt.jp

 

アドミュージアム東京は新橋駅から徒歩5分のカレッタ汐留内にあって、なんと入場無料なんです。 

B2Fに展示室(常設、企画展示)、B1Fに広告関連の書籍を集めた図書館があります。 

 

f:id:meymao:20180204204451j:plain

 

常設展示室には、ニッポンの広告の歴史が現代の広告までずらりと並び、時代と広告の流れを見ることができます。

 

f:id:meymao:20180204204443j:plain

 

「広告にも文明開化の音がする」っていいですね。広告を見ていると本当に、時代をより敏感に反映しているなあと思います。

 

f:id:meymao:20180204213245j:plain

 

スゴロクにお店や商品が織り込まれたものが景品として配られていた、というのはおもしろいですね。

現在でもドリンクにキャラクターのフィギュアがつくタイアップがあったり、サービスロゴをあしらったグッズを配布することもよくありますよね。

 

f:id:meymao:20180204204435j:plain

 

現代広告の展示では「バザールでござーる」やカップヌードルの「hungry?」といった広告の名作もたくさん展示されています。 

 

f:id:meymao:20180204204449j:plain

 

充実した常設展だけでなく、現在開催中の企画展『「思いつく」を考える展』でもたくさんのアイデアの展示があり、"広告"の面だけでなく商品やサービスのアイデアについても展示されていました。

 

B1Fの図書館では、充実した広告関連の本が自由に手に取れるだけでなく、椅子とテーブルが並びその上にiPadが置いてあります。なんだろうと思って見てみると、専用アプリが入っていて、CM動画を見ることができます。

普段YouTubeで探して見るくらいのCM好きなので、このアプリ配布されてないかなとApp Storeで検索してみたけれど、どうやら一般配布はされていないもののようでした。

 

アプリやアドミュージアムで見たCMの中で印象的だったものを、いくつかここでも紹介しようと思います。(普段よくYouTubeで見ているCMもたくさん紹介されていたのでうれしかった!)

 


デミュートサンスターCM

これ今だとあれこれ言われそうな感じがするけど、時代感と北野武らしさと意外性でツボってしまった。

 


祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒

これも有名なCMですね。18〜25歳まで福岡に住んでいたので、このCMを見るとグッと込み上げるものがあります。

広い日本(九州)をつなぐ新幹線と、町ごとに歓迎している様子が、なんとも言えない。あと音楽がいい。

 


イイ感じCM【燃焼系 アミノ式】(15秒ver.×4作)

もうこのCMはずるいとしか言いようがない。

 


HONDA asimo CM 1

なんともない映像のなかのインパクトがすごい。あと音楽がいい。

 

B2Fの展示だけでなく図書館もゆっくりできるスペースになっていて、一日中いてしまいそうな情報量です。

火〜土曜日の11:00〜18:00の開館なので、週末に行くなら土曜のみですが、無料と思えないほど満喫できるので、広告好きや広告に興味のある方にはオススメの場所です。 

 

過去に書いた電車内広告の記事も置いておこう。

meymao.hatenablog.com

*1:ちなみにわが家にはテレビがない。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.