本トのこと。

ここは個人のブログだよ

犬と喧嘩するのにわざわざ四つん這いになる必要はない

ミーティングという文化

通っていた中学校には「ミーティング」という文化があった。
ここでいう「ミーティング」とは何かというと、端的に言うと気に食わないやつを呼び出して、みんなで囲んで文句を言ったりダメ出しをする。それを「ミーティング」と呼んでいた。
スクールカースト」なんて言葉があるけど、中学時代にはなぜか「先にダメ出しをした方が強くて偉い」みたいな空気があった。
例に漏れず私もミーティングをされたことがある。10人だか15人だかの同級生に放課後の教室に呼び出されて、一方的にダメ出しをされる。といっても内容は「○○君と仲がいいけど好きなのどうなの!?」となぜか責められたり、持ってるモノがかぶっててマネしてると思われると嫌だとか、兄が居たせいで先輩に可愛がられててズルいだとか、しょうもない内容だった。
大体ミーティングをやる目的自体が「とりあえず誰かにダメ出ししてマウントを取りたい」なので、内容なんてそんなもんだよなと今では思う。
その時に私は何をやったかと言うと、それまで以上に明るくハツラツと振る舞った。他人のために自分自身を消耗したり犠牲にしたくない。
自分が何を感じ、何を考え、どういう言葉や振る舞いをしたいかに注意を払いたい。しょうもない仲間ならいらない。孤独でいい。つまり、気高く生きたいと思った。
 

気持ちよくなってるんだね

なぜ人は他人に対してダメ出しをし、一方的な批評を語り、文句を言うのか。多分その理由は明白で、「それが気持ちいいから」だと思う。
自分にもし子どもができて、いつかいじめについて語ることがあるなら、「いじめはダメですって学校で教わるかもしれないけど、いじめはダメなことだからやってはいけないだけではなくて、信じられないかもしれないけど他人を傷つけることには時として気持ち良さが含まれる。それはとてもおぞましいことで、だから他人を傷つけて気持ちよくなる自分に気をつけないといけない。」という話をするだろうなと考えてきた。
幸運にも子どもを授かることができて絶賛育児中なので、そのうちいじめについても子と話をすることがあるだろうと思う。
他人の至らなさへのダメ出しや正義感に駆られた過度な指摘なんかは偉いことじゃなくて、誰にでもできるというか、むしろ気を抜いたらやってしまう類のことだと思う。それをドヤ顔で行って気持ちよくなっている自分にもし気がつくことがあれば、その感情をよく観察して、自分の中の感情に注意するのだよと話すと思う。
間違いの指摘やダメ出しに終始して建設的でない強い言葉をドヤ顔で吐いている人を見ると「気持ちよくなってるんだね」とママは感じるよ、君もその気持ちよさには気をつけなさいね、と。
 
 

犬と喧嘩するのにわざわざ四つん這いになる必要はない

テレビに出ていた若い女性が亡くなったというニュースを見た。たくさんの誹謗中傷に耐えかねてのことらしいが、テレビを見ない生活を長くしているため、その女性についても、テレビ番組の内容についてもよく知らない。
他人からの心ない言葉によって人が一人亡くなり、さらに本件に関連したツイートと思われるきゃりーぱみゅぱみゅさんのツイートへの攻撃が発生しているのを見て、かつての「ミーティング文化」についてふと思い出した。
 
以前インターネットで見かけた言葉で「犬と喧嘩するのにわざわざ四つん這いになる奴はいない」というのがある。
表現としてはどうも品に欠けて好みではないのだけれど、しかしその通りだと思う。かつて「気高く生きたい」と思った自分の気持ちをーー完全な表現ではないにせよーー言い表された気持ちになった。この表現を、品に欠け完全な表現ではないと思いながらもブログ記事のタイトルにまでしているのは、少なくとも私がこの言葉に救われたことがあるから。
誰かに傷つけられたときに、同じような方法でやり返したり他の誰かを傷つける側に回るのではなく、自分がどのような人間としてどう在りたいかをよく考え、言葉や行動に注意し、在りたい自分として存在していくことに注力したい。
 
事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。
 
何かしらの物事や情報に遭遇したときに発する解釈に、その人の思考や傾向が透ける。そこに無自覚であることはとても恐ろしい。
私は犬にはなりたくない。願わくば四つん這いになって吠え返すこともしたくない。だから私は解釈を通して自分が犬になっていないか、常に注意深くありたいと思う。
 

おうち時間、いかに健やかに引きこもるか

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で色んなことが自粛になって、おうちにいることが増えたのですが、意外と日々健康に暮らせてる気がするので、おうちで日々していることを書こうと思います。

 

規則正しい生活

子がいるというのもあるけど、毎朝だいたい同じ時間に起きるようにしています。

カーテンと窓を開けて空気を入れ替え日の光を浴び、しっかりごはんを食べる。お部屋を掃除して適度に片付け、食事の栄養バランスにもできるだけ気を配る。

栄養バランスが偏らないよう、野菜を意識して摂る*1、魚を食べる、肉料理は油類を適度に控え、豆腐や納豆、ヨーグルトなどを常備する。

 

おうちの中で体を動かす

以前からやってるんだけど、我が家では朝NHKラジオを聞いていて、その流れでラジオ体操をやっています。

毎朝同じ時間にラジオ体操流れるのでルーチンとしてもいいし、ラジオ聞かない人はYouTubeで流しながらとかやると、運動不足で固まった体に良いと思います。

 


テレビ体操(ラジオ体操第1・第2)

 

ラジオ体操以外には、朝起きた時のストレッチや気になる部分の筋トレなど、気が向いたときにYouTubeを見ながらやっています。(下の動画はよくやってるやつ)

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

散歩する

不要不急の外出は自粛してますが、なるべく散歩はするようにしています。私は万年引きこもりでも大丈夫だけど、子がいるので子のストレスを溜めないよう、散歩で気分転換させます。

もちろん人の多い場所へは行かず、なるべく人通りが少なく、散歩コースとしてリフレッシュできるようなところへ。日光浴も兼ねているので、極力朝〜昼の時間帯にする。

 

動画で行った気になる

ひたすら海の波音が流れるやつとか、森林の映像とか、海外の街並みとかなんかそういうの流して脳をダマす。

音楽とか聞きがちなんだけど、こういうの挟むと気持ちもゆったりするし、行った気になれます。

 


【自然音】海の波の音でリラックスする3時間(勉強※ 安眠※ 瞑想用)

 

おいしいもの食べる

日常のごはんやおやつの間に、ちょっといいものを挟むと暮らしが随分豊かになります。うちではとらやの羊羹を数本買い置いていて、子が昼寝した午後に夫と一緒に食べるのを楽しみにしています。

 

映画やドキュメンタリーを見る

「グランメゾン東京」を見るために見始めた TVer で、その後「情熱大陸」とか「カンブリア宮殿」とか「ガイアの夜明け」といったドキュメンタリー番組をよく見ています。

あとAmazon Prime Videoで映画を見る。最近見てよかったのは「翔んで埼玉」と「テルマエ・ロマエ」。映画はうっかり重めのやつを見てしまうと気持ちが引っ張られてしまうので、コメディ(タッチのもの)がいい。

 

適度な情報収拾

我が家は家庭内Slackでコミュニケーションすることが多いのですが、最近#covid-19チャンネルができて、関連ニュース等が自動で流れるようになっています(流れてくるのはNHKの新型コロナ関連ニュースと、都内在住なので小池百合子都知事のツイート)。

ついついはてブ新着に張り付いたりして情報過多になりがちなので、最新かつ最小限の情報はここを見てるとまぁよいかなという感じ。

 

f:id:meymao:20200414120807p:image

 

あとは朝のNHKラジオでのニュースと、東京都がYouTubeで毎日18:45頃から最新情報をライブ配信しているので、それを毎日見ています。

 

www.youtube.com

 

「拭き掃除」をする

ウイルスという目に見えないものとの戦いなので気にしすぎると消耗するところ大なのですが、気持ちを切り替えて「ウイルス対策ということで家の中の拭き掃除をしたら家めっちゃ綺麗になるじゃん?」という感じで、色んなところを少しずつ拭いていくのを日課にしています。

うちは幼児がベタベタとあらゆるところを触るので、床だけでなくドアノブや棚、全身鏡、レンジの中、冷蔵庫、窓ガラス......と色んなところをちょっとずつ拭き拭きしています。

 

まだまだ長引きそうなので、楽しく引きこもるための方法があれば教えてもらえると嬉しいです。

 

お題「#おうち時間

*1:具沢山みそ汁とか、サラダとか。

自分なりの豊かさで暮らす

この頃は天気が悪くなければ毎日散歩をしている。世の中は新型コロナウイルスで自粛ムードが強く、その中でも人々は働き、生活していかなければならない。

育休中の自分は、ともすれば一日中誰とも会わず家の中だけで過ごせてしまう分、自宅で子どもと過ごすだけでなく、意識的に散歩というゆるやかな手段を使って世界とつながっているような気持ちになることを大事にした方がいいように感じている。

そうして見慣れた近所を散歩すると、なかなか発見がある。最近はたんぽぽが沢山咲いている。街路樹や道路脇の花壇やなんかに土があるのに、不思議なほど揃ってアスファルトの隅から生えている。

子を抱っこしながらの散歩は結構重労働だ。なにせ、8kg超を抱きながら歩くのだから疲れて当然である。散歩だけならまだしも、うっかりスーパーに入って考えなしに買い物をしてしまうと、8kgにプラスして両手に買い物袋を持つはめになり、苦行の有様になる。

日傘をさしながらぶらぶらと歩いていると、少し前にオープンしたカフェの前を通りがかった。そのカフェは通りから少し入ったビルの一階にあり、あまり目立たないところが逆に興味をそそる。

喉は乾いておらず珈琲を飲みたい気分でもなかったけれど、こういうタイミングでなければ訪れるのも随分先になろうと入ってみた。

店内は明るくきれいで、電源もありゆっくりできそうな雰囲気。20席ほどありそうな店内だが、お客さんは3人のみ。せっかくなので、550円のソイラテをテイクアウトで注文した。

お代を払って受け取ったソイラテを片手にまた歩き出す。

「ソイ強めだなー」などと思いながら、天気のよい歩道をちびちびと飲み歩いていると、ふとしみじみ「豊かだなあ」と思い、豊かだと思った自分に少し驚いて、そしてうれしくなった。

人の価値観は色々あるけれど、今よりずっと若い頃の私なら、特に欲しいとも思っていなかった550円のソイラテを、しかもテイクアウトで、なんとなく買うなんてことはしなかっただろう。できなかったと言ってもいいかもしれない。若い頃は大なり小なりお金に余裕がないものだ。

「豊かだなあ」と思った自分に驚いたのは、この行為を「贅沢だな」ではなく「豊かだなあ」と受け止めたこと。「贅沢」はときに批判され、対極にある節約という行為にもまた美徳があるのに対し、豊かさは決して批判されるものではなく、とくに育児や世情で忙しかったりストレスの多いような時には意識して持つべきものだと思ったから。

この豊かさは勿論金銭的な豊かさもあるけれどそれ以上に、何かを楽しんだり新しいことを試してみたりといった心の豊かさのことである。

最後にうれしくなったのは、こういう場合によっては「贅沢」とも言える行為を「豊か」と感じた心と、その豊かさを素直に享受できたことに対してである。自分に余裕がないと、きっと豊かさを素直に享受できないこともあるだろうから。

都知事が会見で今週末の外出自粛要請をしたことで近所のスーパーからはパスタやお米がなくなった。でも外出禁止など日本より深刻な状況になっている国でさえ食料品の供給がされている状況で、現状の東京でそんなに頑張って(とくに選択肢の多い)食料品を買い込むのは逆に精神的にしんどいんじゃないかと思う。むしろ近場で買える食料品より、少し遠くへ行かないと買えない"不要不急"のものの方が、外出自粛の時には困るのではないか。

きっとこの状況は思うより長引き、そしてよりシビアな状況にもなるかもしれない。

週末を前にそんなことを思いながら、どうしたら自分なりの豊かさで暮らせるだろうかとあれこれ考えると、少しだけ気持ちも救われるような気がする。

 

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.