本トのこと。

ここは個人のブログだよ

仕事で使っているアウトプット方法

業務上のコミュニケーションやドキュメントの作成など、普段テキストベースでアウトプットする機会が多いので、キャンペーンに乗っかって私が仕事で使っているアウトプット方法について書いてみようと思います。
 
 
書き出す前に「アウトプット」の定義を一応考えていたのですが、ここでは学んだことや考えたこと、出来事や情報をまとめてテキストで発信したり残したり伝達したりコミュニケーションする行為、としています。
 

箇条書き

何かまとまった内容を残したり伝えたりする時に使う、もっともベーシックな方法。
書きたい内容や学んだ内容など、項目を箇条書きにして可視化する。
 
これは仕事ではないんだけど最近の一例として、育児本を複数読んだ際のざっくりまとめを箇条書きで書き出したり。

 
ちなみにこのブログエントリーを書く時にも「どういう項目を書くか」を箇条書きであらかじめ整理して書き始めています。
 

時系列

何か問題や事象の報告をする場合や、何かの手順を記述する時に、時系列に整理する方法。
ここ数年あまりやる機会はないんですが、例えば新人教育でのやることリストみたいなのは、箇条書き+やる時系列に整えてドキュメントを作ったりします。
 

分類

複数の要素がある場合、同じ要素に分類して整理する方法。
思いつきで情報が入り混じっていると混乱の元になるので、ジャンルごとなど、分類されていると理解やつまみ食いがしやすい。
 
これは分類で書いた記事の一例。

事実/出来事ベース

何かを伝達したり報告する場合、「あったこと」「思ったこと」「そこに関連すること」……など多面的な情報をついつい入れたくなる。一度に伝える情報が多いと本当に伝えたいことが相手に伝わらないので、伝えたいことを分かりやすくするため事実(あるいは出来事)のみをベースに端的にまとめてアウトプットする方法。 
とくにトラブル報告などは「事実」と「感情(とか感想)」が混じるとノイズになるので、極力事実のみをアウトプットしたいと一応思ってます╭( ・ㅂ・)و̑ グッ
 

優先度順

複数の情報をまとめて伝達するような形式の場合や、すべてをやる時間はないけどToDoリストを作るような場合、その情報群の価値が同一でないこともあります。そういう時には、優先順位をつけて、優先度に沿って整理してアウトプットします。
 情報だけテキスト化されていて、優先順位はふんわり自分の頭の中にあるような場合、複数人で情報を取り扱う場面で「人によって優先順位の判断が違う」といった齟齬が起こり得るので、あらかじめ優先順位も可視化しておくと便利みたいな場面がままあります。
 

松竹梅

複数段階の対応が考えられる際に松竹梅で各ケースを書き出す方法。同僚との方針すり合わせや、考慮されるケースの提示の際に使うと、分かりやすいですね。
 

許可より意思表示

これは提案や相談、自分に決定権がないことに対するコミュニケーションの時にやる方法で、「◯◯した方がよくないですか?」「◯◯やっていいですか?」という往復を前提としたコミュニケーションではなく、「◯◯したいです、なぜならこういう理由があるからです、する場合はこうします、可否判断を下さい」といった意思・目的・方法をセットで伝え、コミュニケーション手数の少ないアウトプットをする方法。
迅速な判断が必要な場合や、不要なやりとりや不確実性を避けることで本来遂行したいことを確実かつスムーズに遂行するためのアウトプット方法です。
採用面接時のコミュニケーション形式に似てるな*1ってこの方法やるたびに思っている。
 

全体像とポイント

伝える情報のイメージが大きい場合、全体像をざっくりと伝え、それからポイントとなる項目を伝える方法。自分の中では「地図を渡す」方法と呼んでいる。
自分のやっている業務の引継ぎをする場面や、新人教育の場で業務について伝える際などに、できるだけ他者が全体像を把握あるいはイメージできることを意識してやっています。
 

「どれだけ伝えるか」ではなく「いかに伝えるか」

何かしらアウトプットをする時、言葉を尽くして1から10の情報を伝えようとしているケースを時々見るけれど、アウトプットで難しいのは「どれだけ伝えるか」ではなく「いかに情報を削って端的にわかりやすく伝えるか」だと思う。
情報は伝える側だけでなく受け取る側の負荷もあるので、これが一番難しく、一番重要。
アウトプットのメインが「自分のための覚書」であれば事細かに記したらよいけど、「誰かに伝える」のが目的の場合は、受け取り手がいかに把握しやすいかが重要なので、これに「事実/出来事ベース」と「全体像とポイント」の合わせ技で、端的に分かりやすくすることに注意します。
 

おわりに

すごくざっくりした書き方になってしまったけど、私が普段使ってるアウトプットのベースにしている方法は大体こんな感じです。
 
アウトプットすることの意義、みたいなのを考えた時に、例えばこういうTips集っぽいものって、いくらでも本に書いてあったりもっと詳しく書いてある記事があったりすると思うんですよね。でも「自分はどうやっているだろうか」と自分自身を振り返って、自発的・自律的行動や自分で出した答えを整理してそれをテキストなどでまとめてアウトプットする、というのがもっとも重要なんじゃないかと思ってます。
なので例えば「ブログを更新する」という行為について、誰かに「中身がない」とか思われたり言われたりすることにやたら恐怖心を抱いている人をたまに観測するんですが、こういうコミュニケーションを目的としてないアウトプットに関しては別に全ての読み手に何かしらをもたらさなくてはいけないということはなくて、ただ自分自身の発見のためにアウトプットする、していく、というのが自分自身にとって大事なんじゃないでしょうか。
 
思考整理やコミュニケーションのアウトプットに関連する書籍みたいなのをそれを目的として読んだ記憶が特別ないんだけど、多分ここらへんが役立ってそうという書籍を一応紹介してこの記事を締めようと思います。
 
理科系の作文技術(リフロー版) (中公新書)
 
人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

*1:ぜひ一次面接にお越しいただきたい、日程は以下より第3希望までお選びください、当日は人事担当と○○部社員の2名が出席します、持ち物はこれこれです、的な。

子どもが多様な言葉に触れるためにしていること

「語彙力を増やしたい」ということのほどではないけれど、言語を獲得する過程でできるだけ多様な言葉に触れる機会を増やしたいと考えている。

育児書を読んでいると、赤ちゃん語は使わないほうがよいというようなことがよく書かれていて、例えば犬がいた時に「ワンワンだね」と教えるとワンワンと認識するが、犬という言葉もどちみち覚えることになるわけで、それだったら最初からワンワンではなく「犬だね」と呼びましょうみたいな、何なら子どもはスポンジの如く吸収するのだから「犬だね、あれはチワワだね」みたいにすると、犬だけでなく犬にも種類があってあれはどうやらチワワというらしいというのを覚える、といったことが言われている。

別にワンワンでも犬でもチワワでもどちらでもよいのだけど、親がどういう言葉を使うかが子どもが触れる言葉のスタートになるのであれば、親が変に気を利かせて子ども向けの言葉を使うのではなく多様な言葉に触れさせて、子の方で何を気に入るか見てみようじゃないかという感じでやっていることを紹介しようと思います。

 

声に出して読みたい日本語シリーズ 

ベストセラー『声に出して読みたい日本語』を幼児・低学年向けの絵本として編集した画期的シリーズ。古典の名文を音読することで国語力がアップする教育効果が絶大。

Amazonの商品ページに書いてあった。ベストセラーになった方はとくに読んでいなくて、様々な古典が絵本で読めるのでとてもよい。

全12巻で、うちではバラで6冊くらい持ってるんだけど、当然気に入るやつと気に入らないやつがあり、うちの子は以下4冊がお気に入り。

 

音のリズム感であったり、声を張って読み上げられるような文が好きなのかもしれない(和歌とかの反応は今のところ微妙)。 

先日めっちゃ学問のすゝめの一節を気に入って繰り返し読んでたんだけど、これは「秘すれば花なり」に収録されてるやつです。 

 

公文カード

公文から出ている幼児向けカードがあって、これが結構よい。

動物や食べ物の名前など、絵本でもモノの名前はよく出てくるので読んで繰り返し聞かせたりする機会があるのだけど、絵本によくある子ども向けなイラスト以外にも、なるべく実物に近い絵に接する機会があるといいなと考えていて、公文のカードは結構リアルなイラストで、かつ量も30枚とかあって絵本より多いのでコンテンツとしてボリュームがあってよい。

  

くだものやさいカード〈1集〉 (くもんの生活図鑑カード)
 
動物カード (くもんの自然図鑑カード)

動物カード (くもんの自然図鑑カード)

  • 作者:成島悦雄
  • 発売日: 2007/11/01
  • メディア: 単行本
 

 

公文のカードをいくつか買って試したんだけど、意外なのがなぜか四字熟語カードをめちゃくちゃ気に入っている。

四字熟語カード 1集

四字熟語カード 1集

  • 作者:本堂寛
  • 発売日: 2007/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

四字熟語カードは子ども向けのイラストで四字熟語が表現された絵が描かれているんだけど、なぜか好きな四字熟語があるようで、うちの子は「老若男女」と「十人十色」のカードばかりに反応する(どっちも多様性じゃん?)。 

 

f:id:meymao:20201011132519j:plain

リアルなイラストと、気に入りすぎてボロボロの「十人十色」

元々ドッツカードに興味があって公文のカードを買い出したんだけど、残念ながらこちらは今のところあまり興味がなさそう。

かずカード

かずカード

  • 作者:公文公
  • 発売日: 2007/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

Audible

私は英語ができないのだけど、子どもは耳がよいので親が話せなくても聞かせていたら耳だけでも慣れたりせんやろか、という感じで、寝かしつけの時に英語の絵本の朗読を時々流している。

どれ、みたいなオススメができるほどは量をこなしてないんだけど「The Very Hungry Caterpillar」(はらぺこあおむし)とか「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」をよく流している。サンプルがあるので試しに聴くことができます。(どっちもエリックカールだ)

www.audible.co.jp

 

セサミストリート

YouTubeセサミストリート公式チャンネルで配信されてる歌やストーリー(英語と日本語と)を流しています。

ストーリーは日本語吹替もあって、どちらもとてもよい。

 

 

英語のやつは主に歌を流しているのですが、日本語の方は「多様性とインクルージョン」という名前で公式チャンネルの再生リストにあるストーリー群がめちゃくちゃよくて、自閉症や親の再婚(義理の姉弟)、国によって文化が違うこと、ジェンダーについて、薬物依存症の母親と里親の話など、結構ヘビーというか大人でもなかなか触れられないガチテーマを子ども向けに扱っていて、親の方でも見て学びがある内容になってます。

セサミストリートといえばマペットのイメージが強いけど、出てくるヒューマンキャストが日系アメリカ人だったり黒人だったり、車椅子の少女がいたり、色んなひとが登場するので「自分と違う色んな人々がいる」ということを、なんとなく自然に理解してくれるといいなと思っています。

 

www.youtube.com

 

英語の幼児向け番組だと「Hi 5」というのが英語版「おかあさんといっしょ」的なやつらしくこちらも一瞬見てみたんですが、セサミストリート見たあとだとキャストに偏りがあるように感じられて見るのをやめてしまった...。

 

今のところ大体こんな感じですが、おすすめの本やコンテンツがあれば教えていただけると嬉しいです。

IKEAのステップスツール+スツールでラーニングタワーを作った

我が家では1歳4ヶ月の子がいて、モンテッソーリ教育をベースに育児をやっているのですが、モンテッソーリではラーニングタワーという、キッチンで子どもがお手伝いしたりするのに使うお立ち台みたいなやつが教具であるようで、それが良さそうなので欲しいなって思ったんですね。

で、Amazonとかで一応売ってはいるんですが、これが結構いい値段する。(今日時点で約42,000円)

 

 

インターネットで検索すると、IKEAのステップスツール(ベクヴェーム)と、スツール(オドヴァル)で作れそうだったので、この2つを百均で買ったビス(ねじ山のある木ネジ)でくっつけて作ることにしました。

 

www.ikea.com

www.ikea.com

 

ちなみに、ステップスツールが1,799円、スツールが1,499円で、ビス代100円を合計して3,400円くらいで作れます。

 

作っていくぞ

IKEAで注文したステップスツールとスツールをそれぞれ組み立てていきます。

f:id:meymao:20200827211325j:image

 

ステップスツールの方は入っている取説通りに作ってよくて、スツールの方はラーニングタワー用に少しアレンジして組み立てます。 


f:id:meymao:20200827211319j:image

 

2回くらい組み立てる向きとか間違えてやり直したりした(ので、よく読んで組み立てような!)。


f:id:meymao:20200827211337j:image

 

ステップスツール完成!いい感じ。

次はスツール。

短い添木みたいなやつの組み立てを3方向にして、一つは組み立てずに(ラーニングタワーとして子どもが登る時にくぐれるように)外しておきます。


f:id:meymao:20200827211343j:image

 

取説通りだと、スツールなので枠のある上の部分に板を付けるのですが、今回はラーニングタワーを作るので足の方に板を付けます。イメージ的には以下の感じ。


f:id:meymao:20200827211330j:image

 

取説通りの組み立て方じゃないので、スツールの板をつけるのに木ネジを使います。

私は近所の百均で売っていた以下の木ネジを使用(ちなみに、写真で一番長い4cmの長さのやつを使いました)。

 

f:id:meymao:20200827212130j:image

 

電動ドライバーがあれば多分一瞬です。

YouTubeでラーニングタワーの作り方動画を探すと、大体海外のYouTuberの方が同じようにIKEAのスツール使って組み立てる様子の動画を見ることができるんですが、なぜかみんな電動ドライバー持ってるんですよね。

我が家にはそんなものはないので、手動でやっていきます。(手動でもちゃんと木ネジ入ります)

f:id:meymao:20200827211340j:image

 

スツールを組み立てたら、ステップスツールの上にのせて、上から木ネジでくっつけます。

木ネジ、まったく平らということにはならないので、なるべく足の通らないフチの方で、かつ下のステップスツールに深く刺せる場所に打っていきます。

 

f:id:meymao:20200827213454j:image

 

私は上のような感じでとりあえず4箇所打ちました。木ネジ余ってるので、様子見て補強してもいいかもしれない。

スツールの板の部分の方が大きく余るので、バランス崩しにくいよう、ちょうど真ん中くらいのバランスで私はつけました。

で、完成したのに乗ってもらったのがこちら。


f:id:meymao:20200827211333j:image

 

サイズ感もちょうどよさそう。意外と登る時に板の出っ張っているところが邪魔になってなさそうでよかったです。

あと、そもそもちゃんと登ってくれるのだろうかという心配がありましたが、1〜2度抱っこしてラーニングタワーの上に立たせてみると、あとは自分でステップスツールを登ってラーニングタワーに立つようになりました。

結構集中して遊んでくれたりして、今後お手伝いをしたり、横で遊ばせながら台所家事したりするのに活躍しそうです。

先週末からチマチマと子が寝てる時とかに組み立てたので、空き時間使って大体一週間以内くらいで作れました。

 

IKEAのアカウント持ってない人は、ちょっと割高ですがAmazonでも売ってます。 

  

以下はラーニングタワーでご機嫌に遊ぶ子の様子。結構気に入ってくれてる......。

 

ラーニングタワーを作るのに参考にした動画は以下。

www.youtube.com

 

あとラーニングタワー作ってみようと思ったキッカケの動画は以下です。

www.youtube.com

 

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.