民藝にであう旅、松本

id:ocara さんに「めいまおさん、絶対好きだと思う!」とおすすめいただき、長野は松本へ民藝にであう旅をしてきました。

 

miyupuri.hatenablog.com

 

新宿↔松本 乗換なしで3時間足らず

都内から松本へ行くには、新宿から出ている「JR特急スーパーあずさ」で一本、3時間足らずで行けます。乗車券のほかに特急券が必要で、駅ホームで購入可能です。片道6400円くらい。

季節柄、新宿から松本へ向かう車窓からみえる風景が紅葉していて、なかなか気分が上がる。

 

松本で訪れた場所

一泊二日なので、基本的に目的は「松本民芸館」で民芸品を見ることと、中町通りで民芸品を買って帰ることでした。

松本は松本駅を降り立ってすぐに町があり、おしゃれなショッピングも楽しめる*1し、松本城もあるし、いい感じのカフェも多いし、通り沿いに蔵が残っている中町通りがあるし、川もあって小京都という風情で文化的な香りのする町です。

松本民芸館は、松本駅からバスで行けるようです。タクシーでも2000円程度で行けます。私が行ったときは町をあげてのホコ天イベントが開催されていて、バスが走っていなかったのでタクシーで行きました。

 

f:id:meymao:20171117233350j:plain

 

松本民芸館の説明やアクセス情報などは、松本民芸館のサイトをご覧ください。

松本民芸館

 

中心地から多少離れていることもあってか、落ち着いた雰囲気でゆっくりと館内を回ることができます。

 

f:id:meymao:20171117233058j:plain

 

松本民芸館の創館者、丸山太郎によって書かれた名文がお出迎えしてくれます。

 

f:id:meymao:20171120213357j:plain


f:id:meymao:20171117233150j:plain

 

f:id:meymao:20171117233209j:plain

 

この下の六角小箱は卵の殻を貼り付けたものらしいですが、なんとも美しくてうっとり見とれました。

 

f:id:meymao:20171117233303j:plain

ここでも椅子がたくさんあって、自由に座ることができます。

松本民芸館に訪れた時に自分たち以外にお客さんが2〜3名くらいしかいなかったので、ゆったり静かに見ることができました。

 

さて、松本民芸館を見終わって満足したら、次は民芸を買うターンです。

松本は中町通り沿いに民芸品屋さんが集まっているので、通り沿いにいろいろお店を見るとよいです。

中でもここだけは絶対外せないのが、ちきりや工芸店。

 

f:id:meymao:20171117233621j:plain

 

松本民芸館を創設した丸山太郎氏が営んでいた工芸店で、これは東京に帰ってきてから下の動画を見て知ったのですが、店頭に立って全国津々浦々の陶磁器について詳しくお話しを聞かせてくださるご婦人がいらして、丸山太郎さんの娘さんなんですね。

私が行ったときも、ちょうどお店に立っていらして、お店の始まった頃の話、欲しいと思った焼き物がどちらの物かや、作家さんの話なんかも聞かせてくださって、本当にお詳しいんです。

 


松本市 中町 陶磁器 / ちきりや工芸店

焼き物以外にもガラスや竹細工、諸外国の民芸品なども取り扱っていて、 一日中いても飽きないくらい、素敵なお店でした。

 

中町通りには民芸品を取り扱うお店も多いけど、それ以外で今回ふらっと入ってみてよかったもののうちに「松本市はかり資料館」があります。

f:id:meymao:20171117234016j:plain

 

中町通り沿いにあって、入館料200円で色々なはかりの展示品を見たり、実際に昔のはかりに物を乗せて量ったりもできます。こぢんまりとした表側の建物だけでなく、資料館の裏手に続く中庭や離れの建物なども見られるのだけど風情があって、お時間が許すのであれば200円で楽しめるので是非立ち寄るとよいところです。

 

信州そばと、信州ジビエ

さて松本のなにが良かったって、町も文化的だし、適度に便利なのに自然が近いのもいいのだけど、それらの魅力に負けず劣らず、食べ物がおいしい。

町を歩くとジビエの看板を出しているところが結構あり、この「信州ジビエ」を名物として推してる様子だった。

ランチで予定していたお目当てのお店が休みで、ふらっと入ったお店で「馬肉ですき焼きが食べられる」というので折角なので注文しました。

 

f:id:meymao:20171120213122j:plain

これが本当においしくて、この乗ってる馬肉も「お刺身で食べられるくらい新鮮なやつなので、赤いうちにお醤油つけて食べてみて〜」とお店の人に言われて、刺しとすき焼きとで楽しみました。

 

retty.me

松本は「山賊焼き」という鶏肉を揚げたものも名物っぽいのですが、こちらは胃が余ってなくて食べずじまい。

 

喫茶店で休憩する

歩き疲れて「休憩にお茶したい」みたいな時は、中町通りにある「中町 蔵シック館 茶房」へ行くと、蔵を喫茶店にした雰囲気のあるお店でお茶ができます。

nakamachi-street.com

 

また「珈琲まるも」は民芸を楽しみながら珈琲がいただける喫茶店で、こちらもおすすめ。珈琲もさることながら、ケーキが本当においしかったです。

f:id:meymao:20171117233604j:plain

まるも | まつもとクラフトナビ

 

出会った民芸品

さいごに、買って帰った民芸品を紹介します。

 

f:id:meymao:20171120213140j:plain

片口

f:id:meymao:20171120213156j:plain

そば猪口

 

f:id:meymao:20171120213133j:plain

蓋付二段小鉢

この三点は、砥部焼(愛媛)で、昨年松山に旅行した時に砥部焼を買って帰りたかったのだけどなかなかこれというのに出会えず、今回気に入るものがたくさんあったので、まとめて連れて帰りました。

片口は、松山で鯛めしを食べたときに出てきて「素敵だな、ほしいな」と思ったものです。注ぎ口がついているので汁のあるようなものでも使えるし、片口の機能は全然無視して普通の器として煮物なんかを入れても様になる。

そば猪口は、青色のなかに赤色の差した色のバランスが美しく気に入っている。

そば、家でそんなに食べないので、そば猪口出番あるかな〜と思ってたけど意外とフツーに湯呑みとして活躍している。

 

f:id:meymao:20171120213222j:plain

こちらは丹波焼(兵庫)。サイズ的にはお茶碗より少し大きい蓋付きの器で、ちょっとした副菜を入れておくのによい。蓋がついてるとそのまま冷蔵庫にぶっこめるので気軽に使える。

 

f:id:meymao:20171120213148j:plain

 

この茄子のお皿は益子焼(栃木)で、少し前の自分だったら好きじゃない感じのデザインだなーと思ったのだけど、なんだか妙に惹かれて悩み悩み買った。

買った焼き物はすべて上で紹介した「ちきりや工芸店」で購入したのだけど、この茄子のお皿はお店のご婦人がお支払いのときに包みながら「このお皿、いいでしょう? 私も同じ作家さんの作品を、個人的に使ってるの」と仰っていて、このお皿だけ今回買うのをとても迷ったのでなんだか「ああ、買ってよかったなあ」と思ったりしたのでした。

 

以上、一泊二日でしたが上記のとおり非常に満喫できた旅でした。東京から近いし、また行きたい。

 

*1:松本、町ですれ違う人オシャレな人が多かった。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.