会社経営をしている姉の話

お盆休みに、ひさしぶりに家族親類揃ってわいわい食べたり飲んだりした。

うちは四人兄弟の六人家族で、私(次女)と弟(次男)以外の両親姉兄は全員、会社経営者もしくは会社役員という家で、昔から食卓での話題は会社にまつわる話題だったし、いまも家族が集まると自然と会社経営などの話になる。

で、この夏に行われたそんな話のなかで、会社経営をしている姉の話が個人的に非常におもしろかった。

 

父と姉がお酒混じりにいつもの経営談義をしていて、姉がしみじみ「社長をしてるって言うとだいたいみんな『ええ、社長!すごいね!』って言うんよね。でも、全然すごくない。私は、自分がいかに仕事ができないかを、自分がやってみて情けないほど自覚してるから、自分ができない分、人に助けてもらわらんといけんかった。だから会社を立てただけなんよね」と話していた。

「別に会社経営していることをすごいとも思わんけん、ママ友とかと話す時も面倒だし会社経営してるとか言わん。仕事を聞かれたら"ネット関係"って言うくらい。」

社長がすべて敏腕で自信家な人だとは思わないけど、私にとっても私の家族にとっても最も身近な経営者は父で、父は(おそらく)人より仕事が出来て、こういうことがしたいというビジョンがあり、それを良くも悪くも突き進めていくタイプの経営者だったので、姉のような視点は、私にとっては(姉を知っている分納得感はあるものの)新鮮な驚きがあった。

 

姉はこども服を販売するネットショップを経営していて、楽天やヤフーやその他のECサイトで店舗を展開している。旦那さんが元々服の卸しをしていたのだけど、その商売が時勢だかで数年前にうまくいかなくなり、先にネットショップを経営していた知り合いに「かんたんに出来るよ〜」などと勧められて、自分たちで仕入れた商品を販売するネットショップを始めた。

私は姉がネットショップを立ち上げる頃からその状況を見ていて、もちろん夫婦揃ってネットショップは未経験でかつ「パソコンでメールってどうやって送ると?」というレベルだった姉に、メールの送り方から画像編集、ホームページビルダーの使い方など基本的なあれこれをレクチャーした記憶があるので、ほとんどゼロからのスタートだった。

初年度の廃業率が30%、それ以降は50%とも言われているネットショップで、成長を続け起業三年で十数人の従業員がいるとのことなので、本当にさまざまな努力をしたのだろうと我が姉ながら凄みを感じる。

そんな背景のある姉が「自分ができない分、人に助けてもらわないといけなかったので会社を立てた」と話したのは、とても素直で率直な理由だと思う。

父はどちらかと言うと自分のやりたいことやビジョンがあり、常に夢を追っているタイプの経営者で、昔の男気質なりに、自信や見栄や欲望もあるのだろうと感じるけれど、姉の語る経営論はある種身の丈にあったもので、「子ども四人抱えて家族六人、たのしく暮らせるように生活できたらよい」という部分が起点になっているところが、これまで父を通して感じていた自分の中の「経営者」のステレオタイプとかけ離れていてーーそれを語っているのが父の娘である分ーーー尚のことおもしろく感じた。

姉は会社や従業員も大事だが、その根底には家族が大事というのがあって、家族を養うために他人の力を借りて会社を経営していると言った。

父はそれに対して「会社を経営するということは従業員の生活や取引先の利益を保証せんといかんから、まず従業員や取引先があってはじめて自分ら家族が食えるわけだから、従業員や取引先のほうが優先度が高くて家族はその次」といったことを言っていて、それに対し姉は「父さんはそうかもね、私は違う」という話をし、僕は「従業員は給与という対価を払って労働してくれているに過ぎないので、お父さんの考え方はおかしい」と言っていて、とにかくそこにいたさまざまな人の考え方が可視化されておもしろかった。

 

姉の話していた仕事の話でもう一つおもしろかったのが、自分がたのしかった仕事の体験が、今の会社経営のベースになっているところだった。

「私は高校時代にバイトをしていたんだけど、本当にバイトがたのしくて、バイトに行くのがたのしみだったんよね。だから、私の会社でも働いてくれてる人が、仕事がたのしいって思ってくれる職場にしたいと思ってる。子持ちのママさんが多いんだけど、働いてくれてる人のライフスタイルに合わせて、子どもの体調不良やイベントとかでも自由に勤務できるようにしていて、そのお陰か辞める人もおらんで、募集を出す時に退職率0って言うとビックリされる」と話していた。

姉自身が子持ちのママなのもあるけど、まずたのしんで仕事をしてもらえるよう意識して工夫をしているという部分が、「儲ける」でも「自分の能力を試す」でもない、素朴な労働の喜びみたいなものがそこにあって、それで自分も家族も働いている人もたのしく生活できればよい、という、ある種控えめな考え方に起因するのがおもしろい。

 

「会社を経営する」と一口に言っても、業種や形態などさまざまなわけで、どのようなきっかけで、どのような理由で会社を経営するかなんて、たしかに経営者の数だけあって当然だよなあと思う。

ちなみに、時々「社員も経営者視点を持って然るべき」みたいなことが言われる場面に遭遇することがあり、父もどちらかというとそういう事を言ってしまう系の経営者なんだけど、私は雇用されている一人ひとりの持つプロフェッショナルな部分を活かした総体として存在する会社が強いと思っていて、みんなが経営者視点持ってたら偏るよね、という考え方で、この組織の多様性については意外と父の会社も姉の会社も意識されていないようで、多様性のある組織を作るのって難しいんだなぁと感じた。

とにかく実家の経営者談義を聞いているとなかなかお腹がいっぱいになるので、私は私で自分の好きな仕事をするぞという気持ちを新たにしたのでした。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.