読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしは窘められたい

電話好きな彼女は時々、飲んだ帰り道の空いた時間に、酔って電話をかけてくる。

ケータイで電話をすると熱を持って耳が熱くなるのが苦手であったが、彼女の長電話に鍛えられた昨今、電話への苦手意識もずいぶん薄れていることに気づく。連絡無精な私としては、定期的に連絡がきて受動的に近況が知れるのは、ありがたい。

「この間、24歳の子と遊んだんだけどさぁ、いい感じになっちゃって〜。付き合う気はないんだけど、雰囲気盛り上がってついつい手、出しちゃった...」

私はお風呂上がりの髪を掻き上げながら「へぇ」と聞いている。

「でもさぁ、いい年してイタイケな24歳に手ぇ出しちゃって、ちょっと反省しているわけ。若い頃ならまだしも、私たち、もうそういうことして許される年齢じゃないジャン?」

酒好きで人懐っこさのある彼女は、全く美人というタイプではないが、モテる。

「あのさぁ、一つ言っておくと、そうやって年ぶるのやめたほうがいいよ。『いい年したアテクシ』みたいなのって自分では卑下してるつもりだろうけど、言ってる本人が満足するだけで他人からしたらどうでもいいし見苦しい。それに『イタイケな24歳』なんて言ってるけど、あなたご自分の24歳の頃を思い出してみなさいよ、『イタイケ』だった??」

こういう時は「付き合う気のない人間には手を出してはいけません」と助言するべきだろうか。彼女相手にそんな野暮なことを言う気になんてなれないし、彼女のやるままでいてくれたほうがこちらとしては面白い。

受話器越しにちょっと考えるように唸ったあとに「あー、ごめん。思い出したわ、24歳。たしかに『イタイケ』とは程遠かったな、イタイケと言っていいのは16歳くらいまでだわ」と笑って、まぁなるようになるよね〜と言いつつ、出来レースでしかない次回の予定の話をしている。

 

彼女との間柄も昔はもう少し殺伐としたものだった記憶があるが、今ではすっかり彼女から報告される日常の話を聞いて、時には少し窘めたり、助言したり、励ましたり、そんな感じになっている。

 

ここでふと自分について思い返すと、普段あまり窘められたり、叱られたり、助言されたりする機会が少ないことに気づく。

元々自分の話をするより人の話を聞く役割をすることが多いのが一因っぽいけど、気づいてしまうと何となく誰かに窘められる機会が少ないことに、危機感を抱いてしまう。大人になればなるほど、自分のことを窘めたり叱ったりしてくれる人は少なくなって、価値観や視野が狭まっていくから。

 

先日、夫の会社の飲み会にお邪魔したときにも、窘められることについて「いいなぁ」と思う光景に出くわした。

同じテーブルに夫の会社の社長夫妻が座っていて、大皿から取った料理を口に運ぶ社長に、社長夫人が「取り皿があるのだから、一旦取り皿に取ってから食べるんだよ」と窘めていた。それに対して社長は意に介さず再び大皿から取った料理を口に運んでいたけど、その光景をわたしは「いいなぁ」と思い眺めていた。

わたしの好みだけど、お行儀やマナーについて、気になる人も気にならない人も、知ってる人も知らない人もいるけれど、奥さんにするなら気になる人(知っている人)がいいし、ちゃんと口うるさく注意してくれる人のほうがいい。

うちでも似たような光景を再現することがあるけれど、言う方はこれ非常に面倒くさいし、何の得をするものでもないんだけど、だからこそそれって何だかとても I love you っぽいと思う。

もちろん、誰にでも窘められたいかといったらそうではなくて、相手との信頼関係が充分にあって、何か自分が間違えたことをしたときや、直したほうがよい部分があるときに、相手が注意してくれる(あるいはしてくれるだろう)というのは、自分が安心して相手に任せて甘えられる関係性ということでもあると、社長夫妻のやり取りを見て思った。

そういう甘くあたたかい世界で、わたしも窘められていきたいわけです。

 

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.