一日乗車券で都電荒川線沿線の旅してきた

都内で唯一の路面電車都電荒川線。じつは、400円で一日乗車券を販売しており、早稲田から三ノ輪橋までの12.2kmを自由に乗り降りできます。*1

400円で沿線をうろちょろできるのは、かなりリーズナブルなので、路面電車に揺られてお金をかけない荒川線沿線の途中下車の旅をしてきました。

 

切符の買い方

都電荒川線に乗車の際、車掌さんに「一日乗車券をください」というと、その場で購入できます。

400円の切符で、購入日であれば早稲田から三ノ輪橋まで何回でも乗り降り可。1回の乗車が170円なので、3回以上乗り降りすると元が取れる(?)計算です。

 

f:id:meymao:20160523123232j:plain

 

さっそく、早稲田からぶらぶら散策することに。

 

早稲田 

早稲田はほとんど縁がなく、町歩きをするのは初めてだったけど、調べてみるとかなり見所の多い土地なんですね。

まず文学にゆかりのあるスポットが付近にいくつかある。文学好きにはそれだけでもわくわくできる町です。

 

大隈庭園

目当てにしていた早稲田大学構内にある大隈庭園は、訪問したのが日曜だったため、空いてなかった。(月〜土の9時〜17時*2の開園。入園無料)

早大生だけでなく、一般の人にも開放されています。

 

http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2015/04/150428_01.jpg

早速出だしから残念な感じだけど、絶対また来る。

 

www.waseda.jp

 

漱石公園

早稲田大学から歩いて10分程度の住宅街に、漱石公園があります。

 

f:id:meymao:20160523125124j:plain

漱石公園:新宿区

 

漱石公園は、明治40年から大正5年の漱石が亡くなるまでの間過ごした「漱石山房」のあった場所です。

漱石の飼っていた犬、猫、小鳥の供養のための「猫塚」や、漱石の関連資料を展示した「道草庵」があり、管理の方が漱石に関連するDVDを流しつつ解説してくれたりします。

現在、公園の西側は「『漱石山房』記念館」の建設中で、平成29年9月に完成予定とのことです。

 

soseki-museum.jp

 

新江戸川公園

 神田川を渡ると、新江戸川公園があります。

 

f:id:meymao:20160523130234j:plain

 

ここは江戸中期以来、旗本の邸宅となった場所で、清水家、一橋家、細川家の下屋敷となった歴史の面影を残す池泉回遊式庭園を有する公園です。

手入れの行き届いた閑静な庭園ながら、こちらも無料で入園できます。 

 

f:id:meymao:20160523130215j:plain

 

関口芭蕉

新江戸川公園のすぐ側には、関口芭蕉庵があります。

 

f:id:meymao:20160523130351j:plain

 

こちらは松尾芭蕉が1677年から3年の間住んだ場所であり、緑生い茂る中に池のある姿は、かの有名な俳句を思い起こさせます。

 

f:id:meymao:20160523130402j:plain

 

f:id:meymao:20160523130411j:plain

文京区 関口芭蕉庵

 

芭蕉庵のすぐ隣には椿山荘があり、(ちょっと背伸び目の)昼食や、庭園散歩もできます。

 

鬼子母神前

 早稲田でだいぶゆっくりしてしまったので、都電荒川線に乗って鬼子母神前へ移動します。鬼子母神前には、鬼子母神堂・大鳥神社があります。

 

手創り市

鬼子母神大鳥神社では、毎月第3日曜日に手創り市が開かれており、訪れた日にちょうど開催されていて結構な賑わいをみせていました。

 

f:id:meymao:20160523134340j:plain

 

www.tezukuriichi.com

 

鬼子母神堂は安産・子授かりの神様で、手創り市の影響もあってか家族連れや若いカップルも結構いました。

境内には、日本一古い駄菓子屋さんである「上川口屋」があります。

 

f:id:meymao:20160523134352j:plain

 

雑司ヶ谷

鬼子母神堂、大鳥神社と足を運びながら一駅隣の雑司ヶ谷へ向かうと、その先に雑司ヶ谷霊園があります。

 

雑司ヶ谷霊園

雑司ヶ谷霊園には、泉鏡花(1-1-13側 33番)、永井荷風(1-1-7側 3番)、夏目漱石(1-14-1側 3番)*3などの文豪をはじめ、著名人のお墓があります。

結構広いため、すべてのお墓参りは行えませんが、今回は夏目漱石竹久夢二(1-8-9側 32番)、ジョン万次郎(1-15-19側 1番)のお墓参りをしました。

霊園の向こうに池袋の高層ビルが立ち並ぶ立地ながらも、墓地らしくひっそりと眠るように静かな場所でした。

 

f:id:meymao:20160523135935j:plain

 

霊園では野良猫に遭遇するのを密かな楽しみにしているのだけど、雑司ヶ谷霊園では猫を一匹も見かけなかった。

 

都営霊園・雑司ヶ谷霊園(ぞうしがやれいえん)・埋葬著名人一覧

 

 庚申塚(こうしんづか)

ふたたび都電荒川線に乗り、庚申塚で下車して巣鴨を散策します。

 

金太郎飴

おばあちゃんの原宿」こと巣鴨地蔵通り商店街をぶらぶらします。巣鴨は比較的よく訪れる街で、馴染みのお店もいくつかあります。

巣鴨にきたら絶対訪れるお店がいくつかあって、まずはとげぬき地蔵の正面にお店を構える「金太郎飴」。

 

f:id:meymao:20160523141543j:plain

 

いろんな種類の飴を売っていて、試食も気軽にできます。僕がここの飴が好きで、いつもいろんな味を見つつ大量の飴を買って帰ります。

 

f:id:meymao:20160523141532j:plain

 

そのままお向かいのとげぬき地蔵尊高岩寺にお参りします。

 

千成もなか

巣鴨には和菓子を取り扱っているお店が多いけれど、私のお気に入りはJR巣鴨駅側にあるアーケードに入っている「千成もなか」のどら焼き。

大きめのふっくらとしたどら焼きがめちゃくちゃおいしい!

 

f:id:meymao:20160523141525j:plain

 

タイミングがよければ作りたてのどら焼きを食すこともできるし、こちらではどら焼きの皮だけをパックに入れて販売もしており、パンケーキ感覚で食べるとまたおいしい。

夕方の時刻になると、どら焼きが売り切れていることも結構あるので要注意。

もなかも勿論おいしいので、どら焼きと一緒にお土産にすると幸福度がたいそう上がります。

 

www.monaka.co.jp

 

 

うなぎ ながしま

僕は食餌制限があって外食の選択に困ることがあるのだけど、巣鴨へ行った際には好んで入るお店の一つに「ながしま」がある。

 

f:id:meymao:20160523141627j:plain

 

うなぎ屋さんなんだけど、うなぎ以外にも柳川鍋を出してくれるお店で、柳川鍋が食べたくなったらよく行っています。

定食屋さん風の構えで、気軽に食べつつちびちび飲みつつやれる感じのお店です。

 

tabelog.com

 

ときわ食堂

もう一軒、よく行くのが「ときわ食堂」。

 

f:id:meymao:20160523141551j:plain

 

こちらはザ・食堂という食堂で、人気のあじフライも美味しいし、揚げ物だけでなく魚の定食もおいしくて、お手頃価格でお腹いっぱいになれます。

人気店で結構いつも混んでいるので、「ザ・定食的定食が食べたい」時にいきます。

 

tabelog.com

 

 

王子 

王子はうちの最寄駅なので今回下車はしませんでしたが、途中下車しても楽しめるスポットはたくさんあります。

 

飛鳥山公園と3つの博物館

王子には、駅のすぐ側に桜の名所として有名な飛鳥山公園があり、広い敷地内に敷地内に「北区飛鳥山博物館」「紙の博物館」「渋沢史料館」があります。

 

http://d17vjxfu0igzun.cloudfront.net/images/6876b2d137580260a648e2beb4a9469b/970/spot_photos/2248/original-373ec9fbddcffd849c6a0870fadba9ea3bdac832.jpg

飛鳥山公園|東京都北区

 

私はそのうち、渋沢史料館(日本の近代経済社会の基礎を築いた渋沢栄一に関する史料を展示した史料館)に行ったことがありますが、かなり満喫できる内容でした。

 

通常の入館料は300円程度ですが、一日乗車券を買うと各博物館の入場料が割引になるようです。

 

音無親水公園

古くから名所として親しまれている音無親水公園もふらっと立ち寄るにはちょうどよいスポットです。整えられた浅瀬の川があり、小さな水車や木造の橋など、風情のある景色を堪能できます。

 

www.natsuzora.com

 

音無親水公園のほとりには、落語「王子の狐」に出てくるお店としても有名な「扇屋」があります。

 

tabelog.com

 

また、音無親水公園から階段を登るとすぐに、東京十社の一つ、王子神社があります。

 

 

 

お札と切手の博物館

飛鳥山公園とは駅を挟んで反対方向に行くと、すぐのところに「お札と切手の博物館」があり、無料で入館できます。

さまざまな紙幣の展示だけでなく、紙幣が作られる際の作業工程のからくり模型の展示や、現在私たちが使用している紙幣に使われている精巧な技術に触れることができます。

 

 

www.npb.go.jp

 

荒川遊園地前

荒川遊園地前で下車すると、東京23区内唯一の公営遊園地「あらかわ遊園」があります。

あらかわ遊園は、都電荒川線の一日乗車券を持っているとなんと無料で入園できます。(切符での一日乗車券のみ。ICカード不可。)

乗り物のほかにも、動物とのふれあい広場や、釣り堀など、ゆったり過ごせる下町の遊園地です。

 

f:id:meymao:20160526102502j:image 

あらかわ遊園 荒川区公式ホームページ

 

三ノ輪橋

都電荒川線の終点、三ノ輪橋には昔ながらの商店街「ジョイフル三ノ輪」があります。

どこか懐かしい雰囲気のあるアーケード街を歩くだけでも楽しめます。

 

f:id:meymao:20160526005300j:plain

 

ジョイフル三ノ輪内にある「砂場総本家」は、江戸三大蕎麦【藪・更科・砂場】の一つ、砂場の総本家です。

 

f:id:meymao:20160526005314j:plain

 

蕎麦っ喰いの人は、ちょいっと寄って一杯ひっかけるのもよいかもしれません。

 

f:id:meymao:20160526005309j:plain

 

allabout.co.jp

 

まとめ

都電荒川線沿線で無料で楽しめる場所をめぐるだけでも、意外と一日では時間が足らないほど色んなスポットがありました。

この日だけで2万歩以上歩いていたので、お出かけの際はスニーカーで、前借りしない系の栄養ドリンク*4と日焼け止めで、先に充分に整えてから動いたほうがよいです。

 

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

大正製薬 リポビタンD 100mL×10本 【指定医薬部外品】

 

  

KOSE サンカット 日やけ止めジェル 50 (ウォータープルーフ)(SPF50+ PA++++) 100g

KOSE サンカット 日やけ止めジェル 50 (ウォータープルーフ)(SPF50+ PA++++) 100g

 

 

何はともあれ、一日400円でこの範囲を電車で回れるのは本当リーズナブルなので、また下車していない駅も含めて回りたい。

 

 

ことりっぷ 都電荒川線さんぽ (旅行ガイド)

ことりっぷ 都電荒川線さんぽ (旅行ガイド)

 

 

※個人的好みで渋めの場所がメインになったけど、沿線にはオサレ雑貨屋やカフェなどもあります。

 

*1:約一時間ほどで早稲田〜三ノ輪橋間を走行

*2:10月〜3月は16:30まで

*3:()内は墓碑の位置

*4:レッドブルなどのエナジードリンクは後がキツい。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.