時間管理で作業効率を上げるポモドーロテクニックを試した話

25分作業し5分休むのを繰り返す、ポモドーロテクニックという時間管理法がある。

この時間管理の手順について、はてなキーワードを引用すると以下の通りである。

手順

  1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
  2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
  3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
  4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
  5. 後は上記を繰り返す

ポモドーロテクニックとは - はてなキーワード

 

先日このポモドーロメソッドについてオススメされたので、試してみた。

ちなみにポモドーロとは、イタリア語で『トマト』のことで、このメソッド名は考案者が25分計測にトマト型のキッチンタイマーを使用したことに由来するとか。

 

f:id:meymao:20140605205749j:plain

 

私は普段、ほどんとタスク管理や時間管理などを行っておらず、意識的に管理したことがない。気の向いた時や、時間のある時に、家事や勉強をしている。

しかしこれだとやること・やりたいことが雑多すぎて、正直効率的でないし、どれも中途半端になりがちだ。これは試してみるに丁度いい。

 

ポモドーロメソッドをやるにあたり、Chrome拡張の「Strict Workflow」を入れた。

アドレスバー右部分に表示されるトマトアイコンをクリックすると、1ポモドーロ(25分)が開始される。

25分経過すると、ベルが鳴って終了を知らせる。(25分の集中期間はWebサイトの閲覧をブロックする機能までついている。)

 

家での学習時間にポモドーロメソッドを試してみると、25分という時間がじつに絶妙な長さであり、思いのほか捗ったので驚いた。

集中できないほど長い時間でなく、集中してやってみようと思えるほどの長さであり、かつ何かしらの成果を上げうる長さだ。

 

何事もし出さないと成果はでないけれど、闇雲に行っても効率よく成果はあげられない。

「集中して限られたその時間を使う」というのが、より作業効率をあげる手段らしい。

またChromeは私にとって日常使用しているツールであり、このChrome拡張を使って行う25分という時間の繰り返しは、漠然と行うよりも習慣化しやすい。

日常的に行いたい、行わなければならないことがありつつ、なかなか気乗りがしなかったり、忙しさを言い訳にしてしまう時にはこのメソッドは頼りがいがあるのでオススメです。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.