読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90年代の音楽PVにおける崖率の高さついて

「とどまることを知らない時のなかで〜」と始まるミスチルの歌、なんだったっけなあと思いながら歌い進めてたら「あ、そうそうTomorrow never knows!」と思い出したのでYouTubeで検索してPVを見ました。


Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video

 

このPV、最後の方で桜井さんがめっちゃ断崖に立って熱唱してるんだけど、90年代のプロモーションビデオって無駄にこういう断崖に立たせるシチュエーションのやつ多かったよなーと思い立って、どっかにまとめられてないか探したけどないので、実際どんくらいあるのかサラっと思い当たるPV探したら結構あったのでメモします。

 

 

SPEED - ALL MY TRUE LOVE -(1998年)

出だしから崖バーン。

立たされる崖、大体茶色の枯れた感じの崖が主流っぽい。

 


[SPEED] ALL MY TRUE LOVE - YouTube

 

 

My Little Lover  - 〜Hello Again〜 昔からある場所(1995年)

意外にもマイラバも崖熱唱済み。

 


My Little Lover ~ Hello - Again ~ 昔からある場所 ...

 

 

globe -  Is this love-(1996年)

マークが絶壁でラップ熱唱。

 


is this love - YouTube

 

 

小柳ゆき - 愛情 -(2000年)

ゼロ年代に突入してしまった。崖で熱唱というとこのPVのイメージ強い。

しかも裸足&ミニスカ。見えそうで見えない。

 


小柳ゆき - 愛情 - YouTube

 

大体断崖PVは、ヘリ飛ばしたりしないといけないので売れてる歌手が多い。

そういえば90年代のPVはヘリもよく飛んでいた。

実際ミュージックシーンがもっとも元気だった頃でしょうし、時代でしょうか。

 

華原朋美のI'm proud(1996年)とかヘリPVの代表格。

 


華原朋美- I'm proud - YouTube

 

このPVを撮る際に、ヘリコプターをホバリングさせた状態でその姿が映るように撮ろうとして、だいぶビルとヘリの距離が近くなり怒られたというようなインタビューを見た記憶がある。(ヘリを飛ばすにあたり建物との距離に関する法律があって、それに引っかかるだとか何だとか)

 

ちなみに朋ちゃんは前作のI BELIEVEで断崖済み。と言ってもこっちは合成だけど。

 


tomomi kahara - I believe - YouTube

 

ヘリPVでいったらSIAM SHADEの「1/3の純情な感情」(1997年)も印象深いんだけど、こっちはYouTubeになかった。

サラっと思い当たるの探しただけなので、しっかり探せばもっと沢山ありそう。

誰か「日本のミュージックビデオにおける崖率およびヘリ率に関する調査と考察」みたいな論文書いてくれないかな。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.