読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリコンバレー観光日記

新婚旅行でシリコンバレー〜サンフランシスコをうろちょろしてきたので、観光日記でも書こうと思う。

シリコンバレーは車で移動できれば然程大変でないのだけど、バスや電車などの公共機関を使って移動しようとすると、車の3〜4倍ほどの時間がかかるという結構不便なところだった。

シリコンバレー界隈はホテルも手頃な感じのとこが少ないってインターネットが言ってた記憶があるので、個人でシリコンバレーを回ろうと思うと大変なんだと思う。

 


より大きな地図で

 

前回の記事で書いた通り、シリコンバレー観光にあたりサンタクララに住む友人ロバート宅に滞在しており、いくつか車で連れて行ってもらったので色々行けたように思う。

 

f:id:meymao:20130617093157j:plain

ロバート。

 

そういうわけで、サンフランシスコとシリコンバレーで回ったところを紹介していきます。

 

<Computer History Museum>

会社の某社員さんがオススメしてくれたComputer History Museumは、コンピュータに関する様々な展示物が大量にあり、あんまりコンピュータに詳しくない自分にとっても、非常にエキサイティングで楽しめる場所だった。

 

f:id:meymao:20130617093213j:plain

なんかオシャレ。

 

f:id:meymao:20130617093217j:plain

壁のデザインが0と1でイカしてる。

 

f:id:meymao:20130617093240j:plain

一番最初のマウス、らしい。

 

あと館内ツアーがあって、展示物を解説してもらったりした。

Computer History Museumにはショップがあり、コンピュータにまつわるグッズが売ってるんだけどそれもすごくよかった。(もっと買えばよかった!)

 

Intel Museum>

Computer History Museumほど大きくないけど、Intel Museumも面白かった。

 

f:id:meymao:20130616105021j:plain

 

Intel本社の一角にあって、Intelの歴史など様々なものが展示されており、無料で見られる。そんなに広くないので半時間〜一時間程度で見終わる規模。

 

f:id:meymao:20130616105036j:plain

展示されてたIntel人形(?)。ミュージアムに併設されているショップでも売ってた。

 

f:id:meymao:20130616105040j:plain

Intel工場内の作業着を被ることもできる。(写真は夫)

基本的にシリコンバレーにある企業の中でも、観光で行って見るものがある会社とそうでない会社があって、敷地内に入って見学自体できないところも多い。

Intelはそういう意味では最も企業観光する者にとって見るべきものを用意してくれている感じだった。(無料のミュージアムがあって更にショップもあるし)

 

Apple Inc.>

みんな大好きApple本社にも行ってきました。

 

f:id:meymao:20130616105205j:plain 

Infinite Loop

 

 

f:id:meymao:20130616105219j:plain

The Company Store

 

Apple本社は一般の人による社内見学などはできないけど、カンパニーストアがあって、Appleグッズを買うことができる。(ストア内の写真を撮ろうと思ったけど人が多くて撮れずじまいだった。)

置いてあるものはリンゴマークの入った衣類がコーナーとしては半分以上を占めていて、あとはマグカップや筆記用具、ノート、キーホルダーなどの小物が置いてあった。

デザイン性に優れているApple社製品のイメージとは裏腹(?)に、グッズ自体はあまり力を入れていないのか、造りのいいのが少ない感じがした。好みの問題なのかな。

 

アップルグッズ。色鉛筆セットが一番かわいくて気に入っている。

 

 

 

<Stanford University>

スタンフォード大学は大学の敷地がとにかく広くて、日本の大学と比較するとアレなことになる。大学構内もすごく綺麗で、歩くだけでも楽しかった。

f:id:meymao:20130616105234j:plain

 

f:id:meymao:20130616105238j:plain

 

大学構内のBook Store(日本でいうところの生協的なお店)もやっぱ規模が違う。

 

f:id:meymao:20130615164617j:plain

 地下と二階があってめっさ広かった。スタンフォードグッズ沢山売ってた。

 

<The Birthplace of Silicon Valley>

シリコンバレー発祥の地」。

ヒューレットパッカードが設立されたガレージで、現在はカリフォルニア州の史跡に指定されているのだとか。

 

f:id:meymao:20130617173755j:plain

記念碑。

 

f:id:meymao:20130618154412j:plain

左奥のがガレージ。

閑静な住宅街にひっそりとあるので、気を抜くと見落としてしまう可能性大。

 

Google Inc.>

Googleは会社一帯を「キャンパス」と呼ぶように、まるで大学みたいに広大な土地に建物が並んでいた。

こちらも基本的には観光客が建物に入って見学するようなことはできないのだけど、訪問者が多いのか、楽しめるような心遣いが。

 

f:id:meymao:20130616105249j:plain

 

Androidのモニュメント(?)などが立ち並ぶ。ビジター用の駐車場などもあって、ここらへんは記念撮影スポットになってた。

 

f:id:meymao:20130616105313j:plain

Google Bike

 

大量のGoogle自転車が置いてあって、自由に乗っていいらしい。この自転車にまたがって広大なキャンパス内を颯爽と走るビジターたちを目撃しました。

 

f:id:meymao:20130616105312j:plain

Google自転車に乗る僕。

 

Facebook, Inc.>

Facebookは前出のスタンフォード大学のすぐ近くに旧オフィスがあったのだけど、調べると引越ししていたらしく、新オフィスのあるメンロパークに電車とバスを乗り継いで行ってきた。

 

f:id:meymao:20130618154329j:plain

おや。何かが見える......。

 

f:id:meymao:20130618154333j:plain

いいね!

 

ステイ先のロバートがFaceBookで働いていたので社内を案内してもらう予定だったのだけど、丁度入れ違いで退職していて時間の都合も合わなかったため社内見学はしなかった。

建物内には入れないけど敷地内をうろちょろするのは別によいらしく、敷地内を一周ぐるりと散歩がてら回りました。

 

f:id:meymao:20130618154359j:plain

Hacker Way

 

電気自動車用の充電設備(?)がちょいちょいあって、実際にチャージしてる車もあった。

観光になりそうなものは入り口のデカい看板くらいなので、そういう意味では相当FaceBookに興味あるみたいな感じじゃないと面白くないかもしれない。(個人的には敷地をぐるりとするだけでもエキサイティングだったけど。)

あと、会社のすぐ近くがサンフランシスコ湾に面していて絶景だった。

近くに何があるという場所ではないので、時間があればついでに行くといいのかもしれない。(一駅バスを乗り過ごしてしまい、なんか止まらないなーと思ったら海の向こうまで運ばれてしまったので、バスで行く予定がある人は要注意。)

 

Hatena Inc.

まさかの。我らがHatena Incにも行ってきました。

 

f:id:meymao:20130617115613j:plain

シャレオツな建物。

 

f:id:meymao:20130617115554j:plain

建物入り口。

 

いくつかのオフィスが入ってる感じの建物で、すごく静かで仕事しやすそうな感じだった。

はてな社員さんの中でも実際に行ったことのある人は恐らく少ないだろうと思われるので、なんかちょっとレアな感じする。

いやまあ行ったからって何があるわけでもないんだけど。

 

Wikimedia Foundation>

FaceBook内の見学はしなかったけど、ロバートが現在Wikimediaで働いてるとのことなので、一緒にサンフランシスコのオフィスに出社して中を案内してもらうことになった。(WikimediaWikipediaを運営する非営利の公益法人。)

 

f:id:meymao:20130618095734j:plain

入り口。

 

f:id:meymao:20130618094948j:plain

あ!これWikipediaのトップページで見たことある!的なアレ。

 

f:id:meymao:20130618024901j:plain

冷蔵庫や食べ物などが置いてあるスペース。飲み物とおやつをもらった。

ドリンクとおやつが置いてあるんだけど、すごい種類豊富!みたいな感じではなくて、割と質素というかイメージの通りの雰囲気だった。

会社の人数人に紹介してもらって、なんか自己紹介と握手というアメリカンな経験までしてしまった。特に前もって言っていたわけでない突然の訪問にも関わらず、みんな優しかった。

 

f:id:meymao:20130618133053j:plain

オフィスの一角にソファーとホワイトボードの置かれたプチミーティングスペースがあって、その横に(なぜか)ハンモックがあった。

オフィスはビルの1/2フロア程度で、広いという感じではなかった。

近場にランチを買いにいって、一緒にオフィスで食事をするなどした。

 

f:id:meymao:20130618095715j:plain

各国語「Wikipedia」ポスター

 

Twitter, Inc.>

Twitter本社はWikimediaと同じサンフランシスコにあって近かったので、ついでに行ってきました。とは言え勿論中に入れるわけでないのでビルの前までだけど。

 

f:id:meymao:20130618041240j:plain

Twitter社の入っているビル。

Twitter社はビルに行っても特にそこにTwitter社があるという印もないので、本当にビル見るみたいな感じ。ついでに行けるみたいなノリでないと、ここを目的としていっても何もないのでつまらないと思う。

 

ここからは余談だけど、新婚旅行中に夫がロバートとハッカソンを始めてなんか作り始めたりとかして「ああ、ここはまさにシリコンバレーやで」という雰囲気あった。

 

そんな夫とロバートがこの度作ったのがQuickutilというLispの何かなので、興味のある方はどうぞ。

 

以上。シリコンバレー〜サンフランシスコ観光日記でした。

記事にしたのだけでも九箇所あるので、結構回ったなーという感じがする。とにもかくにも楽しかった。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.