読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちの食器

京都に引っ越してからこれまでの間に、自分で買い足したものや、引越祝いや結婚祝いで食器をいただく機会があり、この頃充実してきたので食器ブログを書こうと思う。

 

珍しく夫が見つけてきた美濃焼のお皿。色がとても綺麗。

f:id:meymao:20130407170640j:plain

【SAKUZAN】-凛- 平皿 プレート<大皿> メインプレート/作山窯/日本製

 イオンモール京都内にあるa-depecheで買ったのだけど、気に入ってるので追加で買おうかとネットで探してみたら楽天にも売っていた。

 作山窯という、岐阜県土岐市駄知町にある窯元のお皿らしい。

 

 

続いてはティファニーのブルーボックスマグカップと、ケメックスのコーヒーメーカ。  

f:id:meymao:20130407171013j:plain

ケメックス マシンメイド・コーヒーメーカー (3カップ用)

 

ティファニーの方は、小説にこのマグカップを登場させようと思い立って、ずっと欲しかった代物。リクエストしたら友達が誕生日+京都への引越祝いにプレゼントしてくれた。(ちなみに小説はまだ書き上がってない)

ケメックスの方は自分で欲しくて買ったのだけど、以前ネットショップでの買い物で問い合わせをした話の時が、丁度このケメックスを購入した時だった。

 

先のケメックスと同じショップで買ったのが、柳宗理のステンレスカトラリー ティースプーンとヒメフォーク。

f:id:meymao:20130407171617j:plain

ステンレスカトラリー

三条河原町の喫茶葦島に先日行ったとき、コーヒースプーンが柳宗理のコーヒースプーンだった。(なぜかフォークは柳宗理でなかった) 

柳宗理のスプーンは丸みがあって口当たりがよい。あとヒメフォークは股が浅くて変わった形しているけど、ケーキ食べるときに使いやすい。

 

うちには木製の食器が多くてよく使っているのだけど、休日の朝食で重宝しているのが、フランフランのピザプレート。

f:id:meymao:20130407170641j:plain

 

ピザにハマってた時、勢いあまって買った代物。デリバリーのRサイズピザが丁度のっかるくらいの大きさ。

ピザ以外にもこれ一枚で色々のせられて洗い物ラクだし盆要らずで便利。たしか3000円くらい。

 

会社でいつも使ってるのが、id:attsumiさんが誕生日にプレゼントしてくれためいまお星人マグカップ!

f:id:meymao:20130407170639j:plain

 

会社のマグカップ、どれが誰のかよく分かんないけど、これ使ってると他の人も誰のか察してくれるのでよい。丈夫で丸みのある口当たりのいい作りで愛用してます。

 

次はid:may88seijiさんたちに結婚祝いでいただいた、うすはりの葡萄酒器。

f:id:meymao:20130407171400j:plain

 

立派な木箱に器が入ってるんだけど「創業大正十一年」って書いてあってテンション上がった。

 

こちらも結婚祝いで、id:ocaraさんにいただいたお皿。

f:id:meymao:20130407180023j:plain

 

アラビアRunoの大皿。私もだけど赤色の好きな夫が非常に気に入ったようで「これはよいものをもらった」と大層喜んでいた。我が家はパスタ率が高いのでよく使ってます。

 

こちらはつい先日、京都旅行に来ていた友人夫婦から結婚祝いでいただいた平茶碗。

 

f:id:meymao:20130406115329j:plain

 

森正洋さんの平型めし茶碗。

米を盛るもよし、煮物や刺身などおかずを盛るもよし。様々な用途で食卓にのぼるようデザインされていて、何を盛っても料亭みたいになって渋い。

人から頂いたものをこうして見返してみると、それぞれが「何を贈るといいだろうな」と色々考えて選ばれたのだろうなというのが伝わってきて嬉しくなりますね。

 

 最後に、お茶飲み率の高い我が家で愛用している南部鉄瓶。

南部鉄急須  平型糸目 0.4L

 家で0.4Lの鉄瓶を使っていて、会社用にも同じデザインで一回り小さい0.2Lの鉄瓶を置いている。

湯呑が大体50ccなので、それぞれ4杯と2杯くらいの容量。

平らなやつが欲しくてジャストなやつがあったのでめっちゃ気に入っている。鉄分摂れるらしい。

鉄瓶の横にある湯呑は田舎の蔵から出てきたいつ時代のものか不明な湯呑。京都はこういうの家にあっても浮ついた感じがしないのでよい。

 

関東に住んでいた頃はとりあえず白で統一した食器を揃えていたけど、こうして少しずつ貰ったり買ったりして色んなデザインの食器が増えるのは、生活の中身まで充実するようで素敵なことですね。

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.