いろいろデザインの事務所オープンにお邪魔した話

いろいろデザインの事務所兼飲食店『iroiro』が九月二十七日にオープンする情報を入手したので、オープン日にお邪魔してきました。 いろいろデザインとは一体何者なのか。 いろいろデザインサノさんのwebサイトで確認すると『名前のとおり”いろいろなデザイ…

『クマムシ博士の「最強生物」学講座ー私が愛した生きものたちー』を読みました

弊ブログのログによると今年の二月二十五日にクマムシさんをゲットしたようなので、クマムシさんとの付き合いも半年過ぎて、随分仲良くなった気がする。 そんなクマムシさんの本が出ることを週刊はてなブログで見かけたので「読みたい」とぼそっとつぶやいた…

乳歯と電気設備

新幹線の車窓から見る名古屋駅の真新しさが好きだ。いかにも再開発された、街ごとがデザインされたような風景がある。そんな名古屋駅の風景を見ていると、地元沖縄を思い出した。 沖縄で住んでいた場所も再開発計画によって馴染みの面影がなくなっている。違…

ときの砂

「ひどく変わったね」 見なれたよりずっと顔色のいい彼女をみて、開口一番にそういった。 「あらそう?」 なにをいっても動じない、無関心じみた口調だけは変わっていない。 「少し丸くなった」 僕がいじわるい視線を送ると、彼女はさっぱりわからないという…

変わらない感性、失われし感性

大学の講義で伊勢物語を読む機会があった。 伊勢物語は平安初期に成立した歌物語で、ある男の元服から死ぬまでの話全百二十五段が連なる形で描かれている。 なんとなく第四段が心に残った。 原文は検索すれば出てくるので、どんな話か現代語訳を書くと、 昔…

はてなブロググループに「小説家」を作りました

はてなブログにはグループ 機能があって、似た趣味やブログを書いている人同士でグループとして繋がることができます。 で、はてなブログで小説を書いている、もしくは小説を書いている人がはてなブログでブログを書いていること、あると思うし読んでみたい…

土屋アンナさん舞台中止騒動のオーディション商法について

数日前、はてなブックマークをぼーっと見ていたら、次の記事が目に入った。 悪評噴出!アンナを怒らせた制作監督の“ウソ” 話題の件なので私より詳しく知ってる人も多いだろうけど、内容を読んで懐かしい気持ちになる一文があった。 同舞台の監督で制作会社代…

「日本語」を味わう

前から読みたいと思っていた「正しい日本語の使い方」と「源氏物語を知りたい」を読み終わって、とてもいい本だったので本ブログらしく感想を書いておこうと思う。 <正しい日本語の使い方> 本のタイトルは「正しい日本語の使い方」だけれど、ビジネス会話…

『丹後農日誌』を読んで

id:attsumi さんが農家さんに住み込みで農作業のお手伝いをしてきた体験を綴っていた。 丹後農日誌 すごく簡単に言うと一日パソコンを扱う環境から、住み込みで2週間ほど与謝野町の農家さんにお世話になりつつ農作業をしてきた体験記である。その文章がなん…

自作アクセサリーでLISP女子を気取る

夫から「ニトロさんの奥さん、新婚旅行で無視されたっていうイメージしかない」*1とか何とか言われた情報を入手して、そういえば他の人にも「新婚旅行でハッカソンして何で怒られないの」みたいなことを言われたって話を聞いた。 新婚旅行で夫がハッカソンし…

はてなとはてなブログと「電書はてなブログ」の可能性

現在、はてなブログ(ダイアリー、匿名ダイアリー含む)で書かれた記事を編集・編纂して電子書籍にする、という実験が行われている。 ブログを電子書籍にしたらどのくらい楽しいだろう? という実験をしてみることにしました。『電書はてなブログ 準備号』配…

シールの跡

おうちでよくオムライスを作るのだけど、卵を3〜4個割って混ぜるのにどんぶりや茶碗を使っていた。 どんぶり片手に混ぜるのは重たいし、茶碗で卵4つ混ぜるのはちときびしい。 小ぶりのボウルが欲しいと考えているとACTUSに行く機会があったので、前から気に…

あなたが怒る本当の理由

以前、仕事で銀行に出向いた際に、お客として来ていた子連れのお母さんが、子供に対して「てめぇ、勝手に動いてんじゃねえよ」と大声で怒っている場面に遭遇して面食らったことがある。 こういう光景は大体憂鬱になるばかりで、いいことはひとつもない。 例…

「自己紹介 あなたへ30の質問」に回答!

今はてなブログでやってるキャンペーンの30の質問のバトンが回ってきていた同僚のid:ocara に「私バトン回ってきてないけど書こうかなー」と言ったらバトン回してくれたので回答します。 (※画像はイメージです) 「自己紹介 あなたへ30の質問」 01. みんな…

アメリカ文学散歩

これまでアメリカ文学はそう読んできていないのだけれど、ニューヨークとサンフランシスコを訪れる機会があったので、文学ゆかりの地を巡ってきました。 <ティファニーで朝食を> トルーマン・カポーティの「ティファニーで朝食を」(原題:Breakfast at Ti…

シリコンバレー観光日記

新婚旅行でシリコンバレー〜サンフランシスコをうろちょろしてきたので、観光日記でも書こうと思う。 シリコンバレーは車で移動できれば然程大変でないのだけど、バスや電車などの公共機関を使って移動しようとすると、車の3〜4倍ほどの時間がかかるという結…

新婚旅行でアメリカに行った話

あれはたしか五年ほど前だったと思う。ふと、どこか遠くへいきたいと思った。そしてどこへ行こうか考えたとき、私はある限界に気付いた。 「私パスポート持ってないから、遠くに行けたとしても精々沖縄北海道までだ......」 そんなわけですぐにパスポートを…

うごメモはてな、お疲れ様でした!

任天堂DSiソフト「うごくメモ帳」の投稿&交流サービス、うごメモシアター・うごメモはてながとうとう明日で終了になるので、「うごメモへのメッセージ」を書こうと思います。 最初は本当にペペッと書いた絵をテスト代わりに投稿するみたいな感じでしたが、…

結婚式の準備についての覚書

ジューン・ブライドの季節がきますね。 自分の結婚式はもう半年以上も前に終わったのだけど準備が思いの外大変だったので、結婚式というものをするまでにどんな準備があるのか、できるだけ細かく記録しておこうと思う。 式場選び 京都在住なのだけど新郎は福…

食事のこと

夫には食べられるものと、食べられないものがある。 クローン病という炎症性腸疾患で、有名なところでいうと安倍総理の患っている潰瘍性大腸炎も同じ炎症性腸疾患である。 消化器官に炎症ができる病気で、食べ物の影響が大きく食餌制限があり、制限すべき食…

常識の海

「釣りが嫌いだった」 何の話の流れだったか、夕食時の会話に夫がそう言い出した。 「釣りに連れていってもらうんだけど、兄ちゃんばっか釣れて僕だけ釣れない。子供だからじっと釣れるまで待つというのも面白くなかったし、だから今でも釣りは好きじゃない…

おうちのアート

いまの家に引っ越してから、おうちをアートな感じにしようと思って少しずつ増やしてきたのが、ようやく揃いつつある雰囲気になってきたので、おうちのアートを紹介します。 左から、スティーブ・ジョブズ( Steve Jobs )が亡くなった際の追悼記事を載せた N…

文学少女ハッカー

【有益な情報】か弱い 女の子 裸 でぐぐるとかわいい女の子のブログが検索順位トップに表示されるよ☆— みゆぷりあんぬさん (@Miyupuri960) 2013年4月25日 「か弱い 女の子 裸」で検索したときに上位に出てくるブログの説明文、「60kg担いでスクワットしてい…

発芽

「きょうも芽、出てない」 声に振り返ると、しゃがみこんだ僕がベランダに置いた小さな盆栽鉢を持ち上げて、平らに整った土の表面をのぞき込んでいた。 「そのうちきっと出るよ」 イロハモミジを種から育てたいといいだして、種を蒔いてから三週間ほど、この…

愚妻

「結婚してなにか変化はありますか」 久しぶりに会った友人夫婦との会食の席で、そんな質問をされた。 「んー、そうですねぇ。彼女だったときは、彼女とはいえ他人な感じがしましたが、妻になると他人ではないというか、自分の半身のような感じがします」 付…

これまで作った動画についての二、三のはなし

先日、思い立ってうごメモのPVを作ったら、思いもよらずいろんな人に褒められた。身近な人だと夫もその一人で、「meymaoは動画を作る才能がある」なんて大袈裟に言うものだから、なんだか不思議な気がした。 自分はこれまで自分を「動画を作る人」と認識して…

おうちの食器

京都に引っ越してからこれまでの間に、自分で買い足したものや、引越祝いや結婚祝いで食器をいただく機会があり、この頃充実してきたので食器ブログを書こうと思う。 珍しく夫が見つけてきた美濃焼のお皿。色がとても綺麗。 【SAKUZAN】-凛- 平皿 プレート<…

いい歳こいて禁止令

今うちにあるマニキュアのカラーはターコイズとベージュで、それをランダムな感じで塗ってるのだけど、街へ出ると偶然それに似た配色の指環が売っていて、久しぶりに指環を買った。 買う前に一瞬、(いい歳こいてパステルカラーとか買っちゃっていいのかしら…

おうちの家具

おうちの家具が充実してきたので、インテリアブログを書く。 新年早々だったと思うけど勢い余ってiMacを買った、はいいものの、iMacを置くテーブルがなくてずっと困っていた。 大きめのダイニングテーブルが欲しいと思い、探しに探して二月に注文したものが…

思いかえす言葉

昔聞いたり言われたりした何ともない一言が、定期的に思い出されることがある。 大体思いかえす言葉はいつも同じもので、大した内容ではないけどどうしたものか、不意に顔を出してくる。この頃頭をぷかぷかしてるやつを三つくらい、記念に書いておこう。 一…

うごメモのPVを作りました

「うごくメモ帳 3D」が任天堂から出ることに伴い、うごメモシアター・うごメモはてなが2013年5月31日を持ってサービス終了になりますね。 自分の使っているサービスがなくなるわけなので勿論寂しいし、悲しくもありますが、うごメモでこれまでとは異なるコミ…

2013年2月に読んだ本

二月は短かった割に色々本が読めた気がします。多読したというより、いつもよりジャンルが広かっただけかもしれない。 柳宗理 エッセイ (平凡社ライブラリー)作者: 柳宗理出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2011/02/12メディア: 単行本(ソフトカバー) クリッ…

クマムシさん観察日記

きょうは、クマムシさんがやってきたので、一日クマムシさんの様子を観察してみました。 お茶に興味津々のクマムシさん。 早速僕に懐くクマムシさん。 テーブル上のマウスに対抗意識を燃やすクマムシさん。 コードの森で冒険をするクマムシさん。 熱心に読書…

別の正義

昨日、本屋で「ハーバード白熱教室」を見かけて、なんとなく手にとった。 ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)作者: マイケルサンデル,Michael J. Sandel,NHK「ハーバード白熱教室」制作チーム,小林正弥,杉田晶子出版社/メーカー: 早川書房発売…

はてなの茶碗

先月。珍しく夫が「落語を見に行きたい」と言う。京都に住み始めた頃、寄席に行きたくて探したとき、京都ではどうやら常時寄席をしているところがないらしくガッカリした記憶があったのだけど、今回は丁度関東に行く機会がある。一緒に浅草演芸ホールにいこ…

珈琲の温度

3月11日に大きな地震があったことと、その7日前に彼女を失ったことはよく覚えている。 これだけ掃いて捨てるほどの人がいるのに、一人の人間に執着しなければいけない理由も、よく分からない。彼女と、そこを歩いている人の違いって......声を知っているとか…

一昨年の節分の様子です 去年の節分の様子です。 今年はしません。 (今週のお題「節分」)

2013年1月に読んだ本

うすうす気づいてはおりますが、本(文学)についてを主軸に書こうと思い初めた「本トのこと」ですが、この頃ほとんど本について書いてない。 別に本について書かなくてもいいけど、読んでないわけでも語りたい本がないわけでもない。いや基本的に本について…

ルージュの跡

キッチリとメイクをするタチな割に、口紅をつけることはほとんどない。 せいぜいリップを塗る程度で、つけるとしてもこの頃のような寒さで血色の悪い季節にうすく引く程度である。 なぜ口紅だけつけないのか、考えればいくつか理由はある。 まず他の化粧と違…

お客としての自分を満足させる

小学生の頃、マクドナルドでレジの人に「注文、なににする?」と言われて、「私はあなたのお友達じゃないのだけど。」と思ったのをよく覚えている。 自分がそんな子どもだったので、ということもないけど、どの職業についてもできるだけ、労働者としての自分…

「うごメモはてなユーザーへ100の質問!」に回答!

現在、うごメモはてなで四周年記念のキャンペーンをしているので、うごメモユーザーとして張り切って参加しようと思います。 「うごメモはてなユーザーへ100の質問!」に回答します!> id:ugomemohatena 01. うごメモを始めたのはいつから? 自分で初めて作…

患わされない目

『文学志望者の最大弱点は、知らず識らずのうちに文学というものにたぶらかされていることだ。文学に志したお陰で、なまの現実の姿が見えなくなるという不思議なことが起る。当人そんなことには気がつかないから、自分は文学の世界から世間を眺めているから…

昨日の話

昼にあった祖母からの不在着信に気づいて、夜になって電話をかけた。内祝いが届いたお礼の電話だったらしい。 「気づくの遅くなってごめんね、選挙に行ってて。内祝いが届いたかしら」 「ほぉよ、ありがとのぉ」 「こっちこそ。歯が弱いと聞いたので羊羹を贈…

大人カスタマイズ

少し前までは自分が最年少で周りは年上ばかりという状況が多かったけれど、気づくとこの頃は自分が年上で周りは年下ばかりという状況になることも増えてきた。 自分ではまだまだ未熟なつもりでのほほんと生きておるので、「meymaoさん、大人ですよね」と言わ…

結婚式

音声アリでお楽しみください 結婚式

連れ添う

昨日、父方の叔母の旦那さんが亡くなったと連絡があった。うちの家族からは父が葬儀に向けて帰省しているそうだ。 叔母の旦那さん、つまり叔父さんとは親類の中でもほとんど面識がない。記憶のある中では一、二度お会いした程度で、伝え聞いていた話ではずっ…

家のバランス

私は親戚付き合いが苦手だ。よく分からないけど考えるだけでなぜか疲れる。 ずっとその原因について、これまでコレというものを見いだせなかったけれど、今日ふと思い当たる節にたどり着いたので自分のためにメモしておきたい。 小さい頃は田舎が好きだった…

家族の風景

苗字が変わってから初めての盆帰省をしてきた。 元より(両親の実家のある広島へ)毎年欠かさず帰省していたけれども、今年からはこの盆帰省もこれまでとは違うのである。なにせ私は、嫁いだのだ! そんなわけで、夫の実家へ初めての帰省をしてきた。 実家へ…

ニセモノの味

ふと見やった自動販売機で、紙パックのジュースが並んでいた。バナナ・オレとイチゴ・オレが目に入った。 この手の飲み物はもうずいぶん長いこと飲んでいない。ふと遠いむかしを思い出した。十九の私はこの飲み物が、とても好きだった。 六畳の部屋が一つと…

百年の孤独

先日、同僚と家で珈琲を飲みながら、大学に入ったキッカケについて話した。 私は現在通信制の大学の文学部に在学中で、国文学を専攻している。その中でも専門を自称すると、主に大正時代がメインになる。 よくよく考えると、大学に入るキッカケとなった出来…

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.