読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス文学散歩

イギリスへ行ってきたので、イギリス文学ゆかりの地を巡る文学散歩をしてきました。 滞在時間と場所の事情により、訪れた場所はロンドン市内のみです。 ジョージ・オーウェルゆかりのホテル イギリス初日、ヒースロー空港からほど近い街、ヘイズ にある「Fou…

正岡子規のお墓参りと田端文士村記念館へ行ってきました

九月十九日の正岡子規の命日を前に、子規の墓がある田端は大龍寺に、お墓参りにいってきました。 作家の命日には「桜桃忌」(太宰治)や「檸檬忌」(梶井基次郎)のように、その作家の作品に由来した名がつけられていますが、正岡子規の命日は彼の絶筆三句(…

アメリカ文学散歩

これまでアメリカ文学はそう読んできていないのだけれど、ニューヨークとサンフランシスコを訪れる機会があったので、文学ゆかりの地を巡ってきました。 <ティファニーで朝食を> トルーマン・カポーティの「ティファニーで朝食を」(原題:Breakfast at Ti…

患わされない目

『文学志望者の最大弱点は、知らず識らずのうちに文学というものにたぶらかされていることだ。文学に志したお陰で、なまの現実の姿が見えなくなるという不思議なことが起る。当人そんなことには気がつかないから、自分は文学の世界から世間を眺めているから…

月を詠む歌

今読んでいる「日本文学史序説」(加藤周一著/ちくま文芸文庫)が面白い。 文学というものはその国の文化や性質の反映であって、当然ながら国や時代によるそれぞれの特徴があるのだ、ということを実感できる名著である。 (長い歴史の間、断絶なく同じ言語に…

Copyright (C) 2011 copyrights. 本トのこと All Rights Reserved.